« 利用者急増 CAR2GO | Main | バーデン市劇場「ヴィクトリアと軽騎兵」 »

March 30, 2012

国立歌劇場2012/13シーズン プログラム発表

Img_100_03_0507_001

3月27日にウィーン国立歌劇場の総裁ドミニク・マイヤーさん、音楽監督のフランツ・ウェルザー・メトスさん、バレエ監督のマヌエル•ルグリさんなどが記者会見を行い、2012/13シーズンのプログラムを発表しました。

今年は例年よりもちょっぴり早い感じですね。まだ、プログラムの詳細を検討していませんが、概要をご紹介しましょう。

○オペラ
プルミエは5演目です。日付はいずれもプルミエの上演日です。

グルック作曲「アルセスト」(11月12日)
リヒャルト・シュトラウス作曲「ナクソス島のアリアドネ」(12月19日)
ロッシーニ作曲「チェレネントラ(シンデレラ)」(2013年1月26日)
ワーグナー作曲「トリスタンとイゾルデ」(2013年6月19日)
ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ(Hans Werner Henze)作曲、子供のためのオペラ「ポッリチーノ(おやゆびこぞう)」(2013年4月28日)

この中でferiが気になるのは、数々の名演があった「ナクソス島のアリアドネ」です。ついに演出が変わる訳ですから、当然、出演者も一新されることになるでしょうね。グルベローヴァさんのferiにとっては、思い出深い演目だけに感慨深いものがあります。

再演およびレパートリー演目で注目されるのは、以下の作品でしょうか。

ヴェルディ作曲「シチリア島の夕べの祈り」(9月9日)
ワーグナー作曲「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(11月21日)
ヴェディ作曲「アイーダ」(2013年3月14日)
アルバン・ベルク作曲「ヴォツェック」(2013年3月24日)
ドニゼッティ作曲「連隊の娘」(2013年4月28日)
リヒャルト・シュトラウス作曲「カプリッチョ」(2013年6月20日)

○バレエ
バレエのプルミエは3演目です。
「くるみ割り人形」(2012年10月7日)
「ダンスの展望」(2013年2月20日)
「ヌレエフ•ガラ2013」(2013年6月29日)

バレエに関しては、シュタットバレエになってから、フォルクスオーパーと一体的に上演されていますから、フォルクスオーパーのプログラム発表も待たれるところです(オペレッタが圧縮されないか心配です )。

なお、プログラムはすでにウィーン国立歌劇場のWebサイトにも掲載されていますが、Austria-fan.comさんにも日本語標題付きの月間プログラムが掲載されました。2012年秋には来日公演があるのですが、その期間も極端なプログラム変更もなく乗り切っているところは、たいしたものです。

ところで、2012/13シーズンでは、feriの好きなエディタ・グルベローヴァさんが国立歌劇場に登場しません(ウィーンでの公演はありますが)。これも時代の流れでしょうかね。

また、ガランチャさんは、「ウェルテル」と「カルメン」に出演するようです。さらに「カプリッチョ」には、feriのお気に入りAngelika Kirchschlagerさんの出演が予定されていますので、ちょっと楽しみ。何かと注目を集めるネトレプコさんは「オイゲン・オネーギン」のタチヤーナ役で起用されるようです。

あと、指揮ですが、ドミンゴさんが「ロメオとジュリア」を振るという情報も出ていました。

さらに、今年の秋にウィーン在住10年を迎える日本人バリトン歌手の甲斐 栄次郎さんは「蝶々夫人」(Sharpless)、「ロメオとジュリア」(Mercutio)などへの出演が予定されています。ところで、甲斐 栄次郎さんですが、どうも秋の来日公演への出演は未定なようです(子供のための「魔笛」の詳細がわからないので、こちらに出演する可能性はあると思いますが‥)。

フォルクスオーパーは4月上旬の発表らしいですが、アン・ディア・ウィーン劇場については、主要なプログラムは発表されています。

しかし、例年のことですが、プログラムが公表される時期は頭が痛いです‥皆様も多いに悩んでください

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

オペラ |

« 利用者急増 CAR2GO | Main | バーデン市劇場「ヴィクトリアと軽騎兵」 »

Comments

Feriさん、お久しぶりです。

また、新しい1年になりますね。
何といっても、来年6月のキルヒシュラーガー、フレミングなどの豪華配役の「カプリッチョ」が大注目ですね。
あとは来年4月のネトレプコ、ホロストロフスキーの「オネーギン」、同じく4月のガランチャ、アラーニャの「ヴェルテル」も魅力的です。
来年1月のデノケの「ばらの騎士」も是非、見たいところですが、寒いなあ・・・

Posted by: sarai | April 03, 2012 10:36

sarai様、コメント、ありがとうございます。

バタバタしていて返信が遅れました。だんだんドミニク・メイヤーのカラーが出てきたような感じがします。

「カプリッチョ」は、私も期待している演目です。

Posted by: Feri | April 04, 2012 07:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 利用者急増 CAR2GO | Main | バーデン市劇場「ヴィクトリアと軽騎兵」 »