« テストは成功 超音速男 | Main | フォルクスオーパーの「ルサルカ」 »

March 23, 2012

変わったお店シリーズ50 人間「マネキン」でいらっしゃい

Img_100_03_0272_001

変わったお店シリーズも50回を数えました。自分で言うのも編ですが、よくぞ、変な店を見つけてくるものです happy01

さて、今週の変わったお店シリーズは、「お店の販促イベントの話題」をお伝えしましょう。

どこでも、お客さまを店内に誘引するために色々と工夫しています。街頭でのチラシ配布などは代表例でしょうが、今ひとつインパクトがありませんよね(そう言えば、日本では代表的なPR活動である「ティッシュ配布」はこちらではありませんねぇ)。

伝統的に、こちらではショーウィンドウのディスプレイに工夫を凝らす傾向がありますが、今回はなかなか楽しいショーウィンドウに出会いました。

場所はマリアヒルファーシュトラーセにあるショッピングセンターです。玄関横にあるショーウィンドウに2体のマネキンが入っているのですが、このマネキンが人形ではなく、マネキンの格好をした人間なのです。

Img_100_03_0273_001

で、お客さまの反応に合わせて、リアクションをするという訳です。feriが写真を撮ろうとすると、当然、ポーズを決めてくれました。観光客の皆さんにはおなじみのグラーベンやケルントナーシュトラーセにいるパフォーマー(パントマイム)のお仲間‥という感じがします。

で、何をPRしていたかと言うと、SAMSUNG製のスマートフォン・ギャラクシーのイベントを店内1階で開催していました。ギャラクシーのお絵かき機能を使って、お客さまのイラストを描いて、それをTシャツにプリントしてくれるというもの。

要するにスマートフォンの高機能をPRしようというイベントなのですが、その内容を人間マネキンがPRしていたというものです。マネキンさんが手に持っているのが、プリントされるTシャツという訳です。

しかし、このところウィーンは暖かい日が続いていますから、ショーウィンドウの中は温室状態で、結構大変だったと思います。そのためでしょうか、右側には扇風機が‥coldsweats01

なお、このイベントですが、feriが横を通ったときには、会場にはかなりの列ができており、それなりの集客効果はあったようです(ただ、Tシャツをもらった人が、どれくらいSAMSUNGのスマートフォンを買うかは知りませんが‥)。人間マネキンさん、お疲れさまでした。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

変わったお店 |

« テストは成功 超音速男 | Main | フォルクスオーパーの「ルサルカ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« テストは成功 超音速男 | Main | フォルクスオーパーの「ルサルカ」 »