« オースタン・マルクト(イースター市)が始まりました | Main | 開業50周年を迎えたウィーンのSバーン »

March 26, 2012

85歳を迎えたPeter Minichさん

Img_100_03_0337_001

オペレッタの名優Peter Minichさんが今年1月29日に85歳を迎えました。長くフォルクスオーパーで活躍していた方なので、現在、フォルクスオーパーのロビーで記念の写真展を開催中です。

で、興味深いのはオペレッタの役別出演回数の記録です。皆さん、どの役が一番多いと思いますか?

「こうもり」のアイゼンシュタインがトップ。何と1957年11月から1996年5月までに合計262回出演しています。

2位は「マイ・フェア・レディ」にヒンギス教授(188回)、3位は「ウィーン気質」のツェドラウ伯爵(164回)、4位は「メリーウィドウ」のダニロ(161回)、5位は「キス・ミー・ケイト」のペトルーキオ(148回)などとなっています。

Img_100_03_0719_001

このほか、「伯爵令嬢マリッツア」のタシロは115回、「チャールダーシュの女王」のエドウィンは106回、「白馬亭にて」のレオポルトが98回などなど、たいしたものです。

Peter Minichさんの場合、オペレッタ歌手でありながら、ミュージカルへの出演回数が多いという点が特記されることでしょうか。ある意味、幅広い役柄に対応できる歌役者さんとも言えそうです。

Img_100_03_0352_001

ただ、お歳を召してからは、オペレッタへの出現が極端に少なくなっており、2000年代に入ってからは「ツゥーランドット」の皇帝アルトゥーム、「白馬亭にて」のカイザーくらいしか登場していません。実際、feriも、この2演目は見ていますが、「白馬亭にて」のカイザー役は、なかなか味がありましたね。

しかし、100回以上出演しているオペレッタが、これだけ沢山ある歌役者さんは、これからは出てこないような気がします。Peter Minichさんがアイゼンシュタインやダニーロといった看板役を現役で歌っていたころは、さぞ、魅力的だったことでしょうね。

大変残念ですが、今のフォルクスオーパーというか、ウィンナオペレッタ界には、こういったウィーン情緒を体現した歌役者さんはいません。恐らく最後がクルト・シュライブマイヤーさんあたりだと思いますが、彼も脇を固める役に回る年頃になってしまいました。

これは、男性のみならず、女性歌手にも言えることで、一朝一夕に改善できることではないことだけに、残念ですね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_v_02

オペレッタ |

« オースタン・マルクト(イースター市)が始まりました | Main | 開業50周年を迎えたウィーンのSバーン »

Comments

Feri さん、Steppke です。
Peter Minich さんとあっては黙っていられないので、こちらにもコメントさせて頂きます。

私もこの展示をじっくり見ました(ここでも Feri さんと接近遭遇したようです)が、Eisenstein は96年まで歌っておられたのに対し、Danilo は意外と早く85年3月31日までとありました。
ということは、Danilo の歌い納めは日本で、ということになります。
私は、残念ながら最終公演ではありませんが、その1日前にNHKホールで接することができました。

その後、Zeta でも Die lustige Witwe に出演されていて、これはヴィーンで聴きました。(一覧表には、96-97年に8回とあります)
第3幕が始まる前には Njegus と一緒に幕の前に登場して寸劇があり、多分 Lehár の別のオペレッタからの曲か何か、1曲歌われました。スーパースターに対する特別な計らいだったのでしょうね。

Posted by: Steppke | March 26, 2012 at 11:08 PM

Steppke様

私は残念ながら、同氏のEisenstein、Daniloともライブで観ることはできませんでした。

よく来日公演の際には、特別なキャスティングをすることがあるので、そういう意味ではチャンスかもしれませんね。

それにしてもオペレッタの名優がだんだん引退していくのは寂しいです。

Posted by: Feri | March 27, 2012 at 09:27 AM

Feriさん
お邪魔致します。

2008年に、「Bezirksmuseum Währing XVIII " Ein Jahr danach…Zum Geburtstag von Peter Minich"」とのタイトルでの展示へ出掛けてから久しく、Minichさんの近況を知りたくなり「Peter Minich」で検索してこちらに参りました。
85歳になられたのですね?

Volksoperであっても、「歌う」=「語る」の役者さんは、もう現れない気がしてなりません。
私は、EisensteinもDaniloもPeter Minichでなくては!という世代です。

すぐにでも写真を拝見しにウィーンに飛んでVolksoperに直行したい思いですが、儘なりません。
又情報がありましたらよろしくお願い致します。

Posted by: bunchan | May 20, 2012 at 09:55 PM

bunchan様、お返事が遅れて申し訳ありません。

最近はお歳のせいか、出番がなくなってしまい、残念です。端役でもよいので、元気なお姿を拝見したいものです。

Posted by: Feri | May 21, 2012 at 08:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オースタン・マルクト(イースター市)が始まりました | Main | 開業50周年を迎えたウィーンのSバーン »