« フォルクスオーパーの「カルミナ・ブラーナ」旋風 | Main | 国立歌劇場2012/13シーズン プログラム発表 »

March 29, 2012

利用者急増 CAR2GO

Img_100_03_0829_001

今日はカーシェアサービスの「CAR2GOのその後」をお伝えしましょう。

昨年12月からウィーンでサービスが始まったカーシェアリングサービスCAR2GOですが、先日、新聞に「サービス開始100日で、7000人のお客さまが利用した」というニュースがありました。

昨年、サービス開始直後は、CAR2GOのスマートスタイルは街中で頻繁には見かけなかったのですが、このところ本当によく見かけるようになりました。しかも、街角に停車している姿だけではなく、実際に走っている姿をよく見かけるのですよ。

Img_100_03_0702_001

利用者が順調に伸びている要因に「市内の路上駐車料金の値上げ」が関係しているかもしれません。実際、自分の車で移動した場合、その都度、駐車料金を支払う必要がある訳ですから、それだったらカーシェアリングでもいいかなぁ‥と考える人が出てくるのもうなずけます。

で、今回は頻繁に見かけたので、駐車中の車両を観察して見ました。すると、エンジンキーは指したままなのですよ。実は会員登録をすると専用のカードキーが配布されるようになっており、このカードキーでドアを開けて乗り込む‥という具合になっています。

Img_100_03_0943_001_2

しかし、自動車盗難が多いウィーンで大丈夫なのか‥と心配になりますが、CAR2GOの場合、運営会社が常に自動車がどこにいるかをGPSで把握し、監視していますから、大丈夫なのでしょう(そうしないと、どこに空いている車がいるのかがわかりませんから‥)。

Wiener Linienの車内に備え付けられている雑誌にも、CAR2GOが詳しく紹介されているところをみると、市全体でカーシェアリングを後押ししているような感じもしますね。

そう言えば、以前、大量の盗難が発生した自転車シェアリング「CITYBike」もクレジットカードによるデポジットを採用してから、順調に稼働するようになりました。

今後、CAR2GOがどのように発展するか興味深いところです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« フォルクスオーパーの「カルミナ・ブラーナ」旋風 | Main | 国立歌劇場2012/13シーズン プログラム発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フォルクスオーパーの「カルミナ・ブラーナ」旋風 | Main | 国立歌劇場2012/13シーズン プログラム発表 »