« ウィーンの「メリー・ポピンズ」 | Main | 変わったお店シリーズ 変わったショッピングセンター »

March 15, 2012

フラウエンキルヘンの巡礼教会

365_6597

今日は「キリスト教の教会にまつわるお話」です。

最近、ヨーロッパではキリスト教の信者が減っているという話をよく耳にします。良い悪いは別にして、ヨーロッパでは長くキリスト教の規範が社会生活の礎になっていましたから、信者が激減は社会規範の乱れにつながることを危惧する人もいるようです。

そんな中で、オーストリアは比較的、キリスト教徒(カトリック)の数が多い国と言われています。実際、オーストリアを回っていると、本当にカトリックの教会を数多く見かけますね。特徴的なのは、街の規模に比べて立派な教会が多い‥ということです。これは、歴史を反映しているのでしょう。

Img_106_6633_001

さて、立派な教会の一つに巡礼教会があります。いわゆる聖地を巡る巡礼は、日本では「四国八八箇所の霊場巡り」などがありますね。

キリスト教の巡礼は、基本的に聖地を巡るのですが、聖地での礼拝だけでなく、巡礼旅のプロセスも重要視されているそうです。「聖地への旅」の過程で、人々は神との繋がりを再認識し、信仰を強化するのだとか‥

オーストリアにも巡礼教会がありますが、今日、ご紹介するのはブルゲンラント州ノイジードラーゼーに近いフラウエンキルヘン(Frauenkirchen)という場所です。中世の昔から、多数の巡礼がやってきた教会だそうですが、その昔、トルコ軍によって破壊された後、17世紀に華麗なバロック様式で再建されました。

Img_106_6629_001

街自体は小さいのですが、この教会は付属施設も含めると非常に巨大です。礼拝堂の中にも入ることができますが、聖水を入れるガラス瓶を販売していました(2.5ユーロでした)。聖水が湧き出る泉から聖水を持ち帰るためのものだそうです。

夏の間、ノイジードラーゼー湖畔は水浴のお客さまで大変賑わいますが、フラウエンキルヘンの街は、いたって静か。巡礼で訪れる信者の皆さんがいらっしゃるくらいです。夏の昼下がり、静かな時間が流れています。

巡礼教会があるためか、小ぎれいなレストランやホテルもあり、feriが好きな街の一つです。もちろん、美味しいワインも楽しめます。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

旅行・地域 |

« ウィーンの「メリー・ポピンズ」 | Main | 変わったお店シリーズ 変わったショッピングセンター »

Comments

今日は。
そうです!!
この付近は美味しいワイン、特に赤ワインの産地ですね。Frauenkirchenの町にはKino_Sanの大好きなホイリゲは少ないですが、有名なワイナリーは幾つかあります。
ところで、Frauenkirchenという町はこの付近ではかなり大きな町になると思いますよ。学校があるので、平日の通学時間帯になると、子供がワイワイ・ガヤガヤです。また、この付近では比較的大きな病院もあるので、患者さんも多いようですね。
日本でいうところの歩行者天国(徒歩専用道路)は若干、シャッター街化していますが。。。
Kino_San的にはここの教会はそれ程大きいとは思わないですが、教会の回りに何もないので、やたらに迫力があるような気がします。

Posted by: Kino_San | March 15, 2012 at 12:04 PM

Kino_San様、レスが遅れて失礼しました。

ちょっとバタバタしているもので‥

おっしゃるとおり、あの地域では比較的大きな街ですね。ワインの美味しいエリアであるにもかかわらず、観光客の人が少ないような気もします。

のんびりとした空気が流れる素敵な街ですよね。

Posted by: feri | March 17, 2012 at 06:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンの「メリー・ポピンズ」 | Main | 変わったお店シリーズ 変わったショッピングセンター »