« 演劇博物館で開催中「WELT DER OPERETTE」 | Main | テストは成功 超音速男 »

March 21, 2012

「Volksoper tierisch」に行ってきました

Img_100_03_0598_001

今日はフォルクスオーパーで上演されている「ちょっと変わったコンサートの話題」をお届けしましょう。

コンサートの題名は「Volksoper tierisch」。直訳すると「フォルクスオーパーの動物」ということになりますが、フォルクスオーパーが動物を飼っている訳ではありませんし、舞台や客席に動物が歩き回っている訳ではありません。

動物にまつわる曲をRobert Meyerさんの軽妙な語り(ここがキモ happy01 )とともに楽しむというコンサートです。

携帯電話会社のTモバイルがスポンサーとなっている公演なので、フォルクスオーパーの前にはには同社のシンボル(なのかな)、フラミンゴのフィギュアが沢山飾ってありました。

Img_100_03_0568_001

コンサートなので、例によって本来の舞台(緞帳より奥)は遣わず、オーケストラピットをジャッキアップして、そこが舞台となっていました。また、今日は理由は不明なのですが、ギャラリアは事実上、閉鎖していたようで、お客さまの姿がまったくありませんでした。理由はよくわからないのですが‥

コンサートは三部構成になっており、二部と三部の間に休憩が入ります。まず、第一部は、音楽と動物といったら、誰もが思い浮かべる「Peter und der Wolf」(ピーターとオオカミ)。

Img_100_03_0572_001

舞台中央には語りのRobert Meyerさんが陣取り、その周りをフォルクスオーパーのオーケストラが取り囲んで、語りに合わせて演奏するという趣向です。この演目は、登場人物(というか動物)に楽器が割り当てられているので、正にうってつけ。さすがにフォルクスオーパーのオケが着ぐるみをきて登場するということはありませんでした。ちょっと安心。

Img_100_03_0576_001

第二部はソロヴァイオリンのBettina GradingerさんとRobert Meyerさんによる「Ferdinand der Stier」。こちらはお二人での演奏(演奏は実質Bettina Gradingerだけですが‥)なので、Robert Meyerさんも立って、熱演。

休憩を挟んで、第三部は、Gabriele AndelさんとEric Machanicさんによる2台のピアノに加えて、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、フルート、クラリネット、ヴィブラフォン、クシュロフォーンによる「Der Karneval der Tiere」(動物の謝肉祭)が演奏されました。

このとき、ふとロージェの最上階を観ると、なぜかフラミンゴのダミーが2羽、鎮座しているではありませんか。変なところに凝る、フォルクスオーパー。

Img_100_03_0574_001

動物にまつわる音楽を演奏するコンサートですが、何と言っても語りのRobert Meyerさんが出色。マイクを一切使わず、見事な地声で軽妙な語りを披露していました。正直、何か演奏がオマケのような感じにうつってしまいました(もちろん、演奏はなかなか見事だったのですが‥)。

アンコールは、何とRobert Meyerさんの歌。楽器と動物を関連づけた歌で、客席は爆笑の嵐でした。やはりRobert Meyerさんは、「ただ者」ではないことがよくわかります。実際、お客さまの多くもマイヤーさんの語りを楽しみに来ているような感じでした。

Img_100_03_0594_001

実は、Robert Meyerさんが前面に出ていたので、かねてから観たかったのですが、はじめは子供向けのコンサートかと思っていました。ところが、実際に出かけてみると、子供さんを連れたご家族もいらっしゃいましたが、大半はご年配の方でした(後で月間プログラムを見たらSeniorenterminだったので、何となく、納得)。団体でお越しになっているお客さまが多かったようですが、ちょっと空席が目立ったのが残念です。

4月にも、あと1公演予定されていますので、Robert Meyerさんの語りに「はまりたい方」は、ぜひお越しください。オペレッタとは違ったフォルクスオーパーの一面に接することができると思います heart04


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_v_02

音楽 |

« 演劇博物館で開催中「WELT DER OPERETTE」 | Main | テストは成功 超音速男 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 演劇博物館で開催中「WELT DER OPERETTE」 | Main | テストは成功 超音速男 »