« リフト(エレベータ-)が新しくなりましたが‥ | Main | 旅行代理店の楽しいピクトグラム »

April 30, 2012

ウィーン・シュタット・バレエ来日公演「こうもり」

Img_101_04_1892_001

5月最後の話題は「日本公演編」です。

本来は、フォルクスオーパーで「オペレッタ三昧」のハズだったのですが、諸般の事情で、現在、Feriは日本に居ます。本来、シュタット・バレエの来日公演は観ない予定だったのですが、たまたま招待券をいただきました。そんな事情から、急きょ参戦。

本当は「ウィンナ・ガラ」の方が良かったのですが、招待がバレエ版「こうもり」でした。

また、どうせ観るのだったらマリュエル・ルグリさんがウルリック役で出演する回の方が良かったのですが、これは無理な注文というもの‥

よく「バレエはダンサー勝負」みたいに思っている人がいますが、実はオペラと同じく総合舞台芸術ですから、オーケストラも非常に大切です。とくにバレエの場合、オペラ以上にコンビネーションが問われますので、指揮者も専門の方が担当するケースが多いようです。

指揮は、ペーター・エルンスト・ラッセンさん、演奏は東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団でした。なお、Feriが観た当日のキャストは以下の通りです。

Img_4062_002

ベラ:イリーナ・ツィンバルさん
ヨハン:ウラジーミル・シショフさん
ウルリック:デニス・チェリェヴィチコさん
メイド:マルタ・ドラスティコワさん
グランカフェのギャルソン:マーチン・デンプス、リヒャルト・ザボ、ドゥミトル・タランさん
チャルダッシュ:アレクサンドル・トカチェンコさん
看守:ガーボア・オーベルエッガーさん

振付はローラン・プティさんのものですから、舞台装置も含めて、ウィーンで観た内容と全く一緒です。本来、東京文化会館の舞台はウィーン国立歌劇場の舞台よりも小振りなのですが、バレエ版「こうもり」の場合、フルに使っている訳ではないので問題なし。

Img_4063_002

Feriが最後にウィーンで観たのは2010年12月だったのですが、改めて観ると群舞の型がしっかりと決まっていますね。この前観た、日本の新国立劇場のバレエ「こうもり」とは明らかな差があります。群舞の仕上がりは、練習量の差なのでしょうかね。ところで、ソリストはウィーンで観た時とはキャストがずいぶん代わっていましたが、決めるところはしっかりと決めており、安心して観ることができました。

2010年12月に観たときは、チャルダッシュ・ソロに日本人のkimotoさんが起用されていたのですが、今回は出場の機会がなくて残念です。

オケに関しては、がんばっていましたが、如何せん、ウィンナワルツに関しては楽器の調整を含めて「体臭」のようなものがありますから、これだけは日本のオケでは難しい面があると思います。ウィーン国立歌劇場やフォルクスオーパーのオケには、脈々とした伝統がありますからねぇ。

しかし、今秋、ウィーン国立歌劇場が来日するのですから、その中でバレエ公演を一つでも組み込めば、話題になったと思うのですがねぇ。まぁ、色々と「大人の事情」があるのでしょうかね。

Img_4074_002

ちょっと気になったのは、お客さまの拍手のタイミング。バレエの場合、連続して踊るパターンがあるので、その途中で拍手があると、流れを分断してしまいます。また、ベラのイリーナ・ツィンバルさん、ヨハンのウラジーミル・シショフさん、ウルリックのデニス・チェリェヴィチコさんが初めて舞台に登場したときは、すかさず拍手が‥日本流なのかもしれませんが、Feriはどうも苦手です。

今日は初めてバレエ版「こうもり」をご覧になったお客さまも多かったようですが、皆さん、楽しんでいらっしゃいました。ストーリーが比較的単純な上に、コミカルな振付、おなじみのウィンナワルツが多いですから、初心者の方にも取っつきやすいバレエかもしれません。

余談ですが、休憩後、後半が始まってすぐ、地震が発生(震源地は千葉県だったそうです)。会場の東京文化会館も揺れて、客席がざわつきましたが、公演は中断することなく、そのまま続行されました。

オーストリアをはじめとするヨーロッパの人は地震になれていない人が多いですから、もしかすると、今後、来日するカンパニーの中でも「地震が怖い」という理由でお越しにならないメンバーが出そうな気がします。ちょっと心配になりました。

ところで、舞台写真は日本のものではなく、2010年12月のウィーン版です。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

バレエ |

« リフト(エレベータ-)が新しくなりましたが‥ | Main | 旅行代理店の楽しいピクトグラム »

Comments

Feri さま、
ほっほっほ、以前に無理やりお誘いしたアンナ・カレーニナから、バレエにも開眼されたようで、バレエ・ファンとしては嬉しい限り。

イリーナのベラ、可愛かったでしょうね。
シショフもやっと復活(少し太ったけど(笑))
デニスのウルリッヒは真面目過ぎませんでした?(笑)

ウィーンに戻ると、次はドン・キショットです。
キャストが変わるので楽しみです。

はっぱ

Posted by: はっぱ | May 01, 2012 00:02

はっぱさん、お久しぶりです。最近はバレエにもはまりつつあるFeriです。

ウィーンは暑いみたいですから、観劇も大変ですねぇ。扇子が必需品かな?

ベラのイリーナは小柄な方でかわいらしかったですね。おっしゃるとおり、デニスはもう少しくだけた方が面白かったかな‥という感じです。

ところで、マチネにはルグリさんが出たためか、出待ちが凄かったですね。ルグリさんを観たかったですが、ご招待だから文句は言えません。

ドン・キショット‥迷っているのですが、どうしようかな?

Posted by: Feri | May 01, 2012 13:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« リフト(エレベータ-)が新しくなりましたが‥ | Main | 旅行代理店の楽しいピクトグラム »