« Zen-Gartenはいかが? | Main | 変わったお店シリーズ53 ちょっと変わった模型専門店 »

April 19, 2012

フォルクスオーパーの日本遠征が当地でも紹介されています

Img_100_03_0741_001

今日は「フォルクスオーパーの話題」をお伝えしましょう。

いよいよ5月12日から、2008年以来、4年ぶりのフォルクスオーパー日本公演が始まります。で、こちらでも「フォルクスオーパー日本公演の情報」が紹介されています。

フォルクスオーパーが定期的に発行している広報誌「VOLKSOPER ZEITUNG」(21号)と、2012年5月のプログラムに、それぞれ日本公演の概要が紹介されています。

冒頭の写真が、日本公演の概要を紹介したページですが、上野の東京文化会館の内部写真を使っています。ちょうど、舞台から客席を写したものですが、このようなアングルで撮影すると、意外と立派です。

劇場の外観を使わずに内部、しかも舞台から見た客席側の写真を選んだのは、正解だったような気がします。東京文化会館を訪問したことがない現地の皆さんがご覧になったら、“日本の劇場もなかなか趣があるねぇ”とお感じになるかもしれません。写真の選択はフォルクスオーパー側が行ったのか、招へい元のNBSが提案したのかはわかりませんが‥

Img_100_03_0338_001

さて、来日公演情報によると、来日するメンバーはスタッフも含めて総勢260名になるそうです。かなりの数ですね。フォルクスオーパーの場合、国立歌劇場と異なり、所属する歌手やスタッフの絶対数が少ないため、シーズン後半を迎える現地は大変です。

すでにご存じの方も多いと思いますが、来日中の5月は再演のミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」を中心に乗り切るプログラムが組まれています。

「サウンド・オブ・ミュージック」でしたら、客演で歌手や奏者を引っ張ってきても何とかなりそうです。また、今シーズンにプルミエを迎えたミュージカル「Die spinnen, die Römer!」(ローマで起こった奇妙な出来事)も上演されます。このミュージカル、現地でも人気が高いのですが、出演者の1人ロベルト・マイヤーさんが日本に来てしまっているので、魅力が半減‥と言ったところでしょうか。

どうでもいいですが、このタイミングだったら主要な歌手が日本へ行っているので、バレエ「カルミナ・ブラーナ」を連続公演しても、こちらのファンからクレームは上がらないと思うのですが、なぜか5月は1回だけなのですよね coldsweats02

Img_105_12_2530_001

なお、5月のプログラムには、現地の公演に加えて、同日の日本公演演目も掲載されています。Feriは来日公演の関係者ではありませんので、実際、どの程度、チケットが売れているのか見当が付きません。ただ、最近になってシュタットバレエの「こうもり」のチケットを買ったら、フォルクスオーパーのオペレッタ「こうもり」のチケットをプレゼント‥という企画が始まったという話も耳にするので、厳しいのかもしれませんね。

たしかに日本のオペレッタファンから見れば、「こうもり」と「メリーウィドウ」では、“またかぁ‥”(一応「メリーウィドウ」については新演出版は日本、初上演ですが‥)という感じが強いと思います。

一方、オペラの「ウィンザーの陽気な女房たち」は、今ひとつ有名な演目ではないので、一般の皆さまへのアピールが弱いような気がします。何しろ、フォルクスオーパーの場合、出演者のネームバリューで一般の音楽ファンを集めることが難しいだけに、集客は大変だと思います。ところで、2012/13シーズンでは「ウィンザーの陽気な女房たち」は上演されないことが決まったので、鑑賞は日本公演が「最後のチャンス」になりましたね。

日本の皆さま、ぜひ、フォルクスオーパーの来日公演にお越しくださいね。

なお、2枚目の写真ですが、「VOLKSOPER ZEITUNG」に掲載されたフォルクスオーパーのダイレクター、ロベルト・マイヤーさんの1日という記事です。

ダイレクターとしてのお仕事に加えて、出演者としても活躍しているため、舞台稽古なども加わり、本当にお忙しいようですね。日本でもマイヤーさんの怪演に期待しましょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_v_02

オペレッタ |

« Zen-Gartenはいかが? | Main | 変わったお店シリーズ53 ちょっと変わった模型専門店 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Zen-Gartenはいかが? | Main | 変わったお店シリーズ53 ちょっと変わった模型専門店 »