« さすがです RIEDEL | Main | ファストフードレストランでフルボトルワイン »

May 04, 2012

変わったお店シリーズ54 気になる「半球の中身」は?

Img_100_03_0803_001

5月最初の「変わったお店シリーズ」は、2012年3月16日にご紹介した「半球のあるショッピングセンター編の続報」です。

シュドチロラープラッツにほど近いショッピングエリアにあるColumbus Centerというショッピングセンターは、正面玄関の上に写真のような半球が突き出しています。この半球ですが、ハーフミラーで構成されており、かなり目立った存在です。

この記事をエントリーした後、日本の友人から、“Feriさん、あの半球の中身が気になるなぁ。調べてよ”というリクエストをいただきました。

という訳で、再調査に行ってきましたColumbus Center。このショッピングセンターですが、正面玄関を入ると1階(日本式、以下同じです)から3回までが吹き抜けになっており、それを取り囲むようにショップが並んでいます。

Img_100_03_0794_001

吹き抜けの天井はガラス張りになっており、空が見える仕組み。当然、天気の良い日は陽光が降りそそぎます。

何と言っても気になるのは、玄関上に付いている半球の内側です。当初、2階あたりから半球の内側を観察できるかと思っていたのですが、実は2階には半球が全くかかっていませんでした。これは予想外の展開。

ちなみに玄関上の2階には、何とビックリ、回転寿司屋さん(屋号は「KIOYO」。こちらでは「RUNNING SUSHI」と言いますが…)が営業中(2枚目の写真)。実際に日本で見られるようなベルトコンベアーが稼働中でした。半球の中に入ってお寿司を食べることができるのならば、面白かったのですがねぇ。

Img_100_03_0801_001

それでは‥ということで3階へ上がってみました。ここはSATURNという家電量販店が、ほぼ1フロアを使っています。日本のビ○グカメラやヤ○ダ電機みたいなものですね。

で、エレベーターで3階に上がって、玄関方面の窓をチェック。さすがに、ここまで来ると半球が登場。しかし、驚いたことに3階でも半球の下1/4位しか、かかっていないのです。ちょうど写真で窓側が半分丸くなって赤く塗られていますが、ここが半球の裏側です。

Img_100_03_0800_001

仮に半球の内部に入ることができるようになっていたとしても、3階からでは入れそうもありません。となると半球内部への入り口は4階ということになるのですが‥

ガーン、何と4階から上はオフィスフロアになっており、一般人は立入禁止でした。恐らく入居しているテナントさんのオフィスになっているのでしょう。

当初、この半球、お客さま向けの施設かと思っていたのですが、このように一般人の立入制限区域内にあるということは、単なる飾りの可能性が高いですね。最も会社のお偉いさん専用の施設‥ということは十分に考えられますが。

日本だったら、子供さんが注目するでしょうから、間違いなくお客さまが入ることができる施設として設計すると思うのですが、これもお国柄の違いなのでしょうね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

変わったお店 |

« さすがです RIEDEL | Main | ファストフードレストランでフルボトルワイン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« さすがです RIEDEL | Main | ファストフードレストランでフルボトルワイン »