« ご主人様は私だ 粋な三輪バギーを発見 | Main | 遊び心あふれるガラス屋さんのトラック »

May 15, 2012

使っている人を見かけました

Img_100_03_1110_001

今日は2011年5月19日に当ブログで紹介した「プラーターのプリクラもどき」の続編です。

正直、最初は使う人がいるのだろうか‥と思ったプリクラと同じ原理の絵はがき製造マシン。

先日、所用の途中でプラーターを通りかかった時、例の売店前のプリクラもどきの前を通りかかってビックリ仰天。
何と並んでいる二台とも稼働状態だったのです(よく考えたら利用者が少なければ商売にならないから撤去してしまいますよね)。

興味深かったのでちょっと観察。日本のプリクラは、基本的にブースの中で撮影するため、被写体のポーズを外から見ることはできませんが、こちらは表で撮影するため、皆さまの仕草がちゃんとわかります。

Img_100_03_1109_001

やはり、利用している方々はそれなりのポーズをとっていますね。また、稼働中のマシンを見てわかったのは、カメラの両側にLEDを使った照明装置がついているということです。なるほど、これで被写体をきれいに撮影しようという訳ですね。なかなか良くできています。

このマシンは撮影前にモニターでポーズが確認できますから、皆さん、じっくりとポーズをつくっていたのが印象的でした。もしかしたら、後ろにFeriが写っていたりして‥まぁ、大丈夫でしょうが‥

はやりカップルに人気なのは日本と同じ。また絵はがきなので、家族で撮影する人も多いようです。はやりプラーターにお客さまが増えてくる春先から、このマシンの利用者も増えるような感じがしました。

ただ、さすがに「お一人様」で撮影する人はいないと思いますが‥

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« ご主人様は私だ 粋な三輪バギーを発見 | Main | 遊び心あふれるガラス屋さんのトラック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ご主人様は私だ 粋な三輪バギーを発見 | Main | 遊び心あふれるガラス屋さんのトラック »