« これが本当の「オーストリアこぼれ話」!? | Main | 変わったお店シリーズ59 仮設店舗建設中 »

June 21, 2012

2013年のメルビッシュは「乞食学生」

2013_morbisch

メルビッシュから2013年の演目が発表されましたので、今日は二本立てです happy01

来年はカール・ミレッカー作曲の「乞食学生」(Der Betelstudent)です。プルミエは2013年7月11日で、8月24日まで上演されます。メルビッシュの公式サイトにも、詳しいことは何も掲載されておらず、“とりあえず、演目だけ決めましたよ”というニュアンスです。

このブログでもご紹介しているように、メルビッシュは重鎮のハロルド・セラフィンさんが引退し、2013年からは本格的に新しいダイレクターによるプロダクションになります。そのため、準備が遅れているのでしょう。

ただ、チケットの発売だけは、今回も早く、2012年7月12日(つまり「こうもり」プルミエの日)から始まります。

メルビッシュもビーブルさんが指揮から降りた上に、セラフィンさんも引退となると、大きな転機を迎えますね。その一発目が「乞食学生」という訳です。

最近は、ウィーンでもあまり上演される機会がないので、演目としては良いかもしれません。

ちなみに「乞食学生」ですが、Feriは2001/02シーズンと2002/03シーズンに各1回フォルクスオーパーで観て以来、ご無沙汰です。さて、どんなキャストで、どんな演出になるのか‥興味は尽きません。

最も、その前に2012年の「こうもり」の仕上がりが気になりますが‥coldsweats01


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

06_br_banner_frog

オペレッタ |

« これが本当の「オーストリアこぼれ話」!? | Main | 変わったお店シリーズ59 仮設店舗建設中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« これが本当の「オーストリアこぼれ話」!? | Main | 変わったお店シリーズ59 仮設店舗建設中 »