« フォルクスオーパー「ローマで起こった奇妙な出来事」 | Main | 甲斐さんが大活躍「ロベルト・デビュリュー」 »

June 06, 2012

Steffl Kirtagがありました

Img_103_06_2282_001

先週末からウィーンは行事が沢山行われます。

3日には女子マラソンが行われました。また、5日にはシュヴェヒャート空港の新ターミナルがオープンしました(この模様は後日‥)。

さらに7日は恒例となったウィーンフィルによるシェーンブルン宮殿での野外コンサートです。ここ数日、天気が安定しないウィーンですが、7日はどうなるでしょうか。

さて、5月25日から6月3日までシュテファンプラッツで「Steffl Kirtag」という行事が行われました。

Img_103_06_2268_001

アドヴェントの時期でもクリスマス市が立たないシュテファンプラッツですが、この期間中は写真のように、各種のグッズやワインやビア、軽食を販売する小屋が沢山建ち並び、華やかな雰囲気に包まれました。まぁ、Feri好みの行事ですね。

会場には何と移動式のメリーゴーラウンドも設置されていた他、ステージも設けられ、時間帯によっては各種の演奏なども行われていました。

Img_103_06_2358_001

屋外の行事なので、天気がすぐれないと困るのですが、最終日の3日は晴天に恵まれたこともあり、多くのお客さまで賑わいました。

Feriもお店を一通りのぞいてみたのですが、日ごろ、アム・ホーフ広場やフライウングの市に出店している業者さんが結構、来ていました。やはり「掛け持ち」なのですね。

Img_103_06_2367_001

以前、このブログでご紹介したビアの瓶をかたどった時計を販売しているガラス工芸店も来ていましたね。種類が増えていましたが‥物販も衣料品から各種のお土産物など多種多様でした。

興味深かったのは、小屋の仕様が一部の軽食販売のお店以外、統一されていることです。どうも業者さんが一括して設営しているようです。このほか、クラシックカーを改造した移動売店も出ていましたね。

Img_103_06_2270_001

どういう趣旨の行事なのか詳しくは存じませんが、名前が示すとおり、シュテファンドーム関連の行事のようです。売上げの一部を教会に寄付するようになっているのかもしれません。

まぁ、来ているお客さまにとっては、行事の趣旨とは関係なく、さわやかな天気の元、ビアやワインを傾けながら仲間や家族と歓談する‥それで十分なのかもしれません。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« フォルクスオーパー「ローマで起こった奇妙な出来事」 | Main | 甲斐さんが大活躍「ロベルト・デビュリュー」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フォルクスオーパー「ローマで起こった奇妙な出来事」 | Main | 甲斐さんが大活躍「ロベルト・デビュリュー」 »