« これはすごいクレーン車 | Main | 謎の新型スマートフォン »

July 20, 2012

変わったお店シリーズ63 渋いバイクショップ

Img_103_06_2657_001

今週の「変わったお店シリーズ」は、バイクショップをご紹介しましょう。

オーストリアばかりではありませんが、ヨーロッパではオートバイは「大人の趣味」として確立されていますね。特に大型バイクで長距離のライディングを楽しむライダースーツを身にまとったおじさまなどは、なかなか格好がいいです。

当然、市内には色々なバイクショップがあります。先日、オタークリンクに行った時、目的地から地下鉄の駅に戻る途中、写真のようなバイクショップを見かけました。

ビルディングに入っていることが多いバイクショップですが、こちらは写真のように独立した建物です。近代的なオートバイとはちょっと釣り合いませんが、石造りの風情がある渋い建物ですね。

何となく熟練のマイスターがバイクのメンテナンスなどをしているようなイメージします。最も実際に利用した訳ではないので、何とも言えませんが‥

Img_6954_001

ところで、ヨーロッパにもドイツのBMWをはじめとするオートバイを製造している会社は結構あるのですが、幅をきかせているのは何と日本のメーカーです。

ご存じ、KAWASAKIYAMAHASUZUKIなどが並べられていました(もう一つの有力メーカーHONDAは取り扱っていないような感じでしたね)。もちろん、玄関の上には、こちらのメーカーのロゴが掲げられていましたが‥

また、お店が狭いためか、店の前の道路に売り物のオートバイを「展示」しているところが、ちょっと微笑ましいところです。これ、ちゃんと、市当局の許可をとっているのでしょうか。もし、民有地ではなく、市道でしたら、使用料をとられると思います。

このように、ちょっと街外れのバイクショップで日本製のオートバイが大量に展示され、現地の皆さんに愛されているのは、日本人としてはちょっと嬉しいところです。

なお、2枚目の写真は、山岳道路のレストエリアで見かけたおじさんライダー。なかなか決まっていますね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

変わったお店 |

« これはすごいクレーン車 | Main | 謎の新型スマートフォン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« これはすごいクレーン車 | Main | 謎の新型スマートフォン »