« 今日は「瓶の回収日」 | Main | 街中を快走する四輪バギー »

July 29, 2012

傑作 卵カップ Eierbecher McEgg

Img_101_04_1843_001

今日は、「子供さん向けの食器」をご紹介しましょう。ただし、オーストリア製ではありませんが‥

ウィーンにもショップがあるドイツの有名な調理器具・食器メーカーWMF。圧力釜やエスプレッソマシンなど、様々な調理器具や食器を製造・販売していますが、その中に「子供さん向けの食器シリーズ」があります。

小さな子供さんが握りやすいように工夫したスプーンをはじめ、色々な商品がラインナップされています。先日、ウィーン市内のショップ前を通りかかった際、写真のような卵カップを見つけました。

子供さんが喜びそうな形をしていますね。ゆで卵や半熟卵を入れるカップなのですが、このデザインと仕組みが出色

Eierbecher_mcegg_002

帽子(というかヘルメットかな?)を開けて卵を入れる訳ですが、向かって右側には卵を食べるためのスプーンがついていますが、注目するのは左側です。

何と卵の殻を割るための小型ハンマーがついているのです。で、使う際には帽子を開けて卵を食べる訳ですが、この帽子の内側が「殻入れ」になるという仕組みです。また、台座がスノーボードみたいな形になっている点にもご注目。

Eierbecher_mcegg_001

機能的にもよくできていますが、このデザインセンスが、これまたご機嫌。対象年齢3歳以上だそうですが、子供さんが喜びそうですね。ちなみに「イタズラ好きの子供さん向け」というサブコンセプトがあるようです。しかし、大人でも、この小型ハンマーで殻を割ってみたい‥という衝動に駆られますね。

この商品をデザインしたのは、ケーラー&ウィルムス(Köhler & Wilms)という二人の女性のデザイナーさんです。なお、WMFでは「Willy Mia Fred」という愛称で子供さん用の食器がシリーズ化されています。

Willy_mia_fred_001

ちなみに浮き輪のついた人形は「Tee-Ei TeaEgg」という商品で、紅茶を入れるためのツールですが、これは楽しそう。また、小さい人形は「Salzstreuer-Set McSalt」という名前の塩入れです。

日本の場合、アニメーションのキャラクターをあしらった食器などはありますが、このようにオリジナルデザインの子供さん用食器というのは、あまり見たことがありません。オーストリア製ではありませんが、センスを感じます

お値段は、国によって若干違うようですが、ウィーンでは10.95ユーロでした。日本円で1000円近くするので、子供さん用の食器としては「お高い」ですが、このデザインならば許容範囲‥という気もしますね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グッズ |

« 今日は「瓶の回収日」 | Main | 街中を快走する四輪バギー »

Comments


 > ウィーンにもショップがあるドイツの有名な調理器具・食器メーカーBMF

 > WFMでは「Willy Mia Fred」という愛称で子供さん用の食器がシリーズ化されています


 

WMF

Posted by: | November 29, 2012 07:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今日は「瓶の回収日」 | Main | 街中を快走する四輪バギー »