« 不思議なリフト(エレベーター) | Main | 魅力的なガーデンキャンドル »

July 16, 2012

おもちゃもお国柄が‥(ビデオ付き)

Img_103_06_3078_001

日本では、九州地区は大雨で大変な被害がでているようですが、皆さまがお住まいの地域は大丈夫ですか。Feriも九州に友人が住んでいるので、心配です。

また、日本では、今日は「海の日」でお休みですね。土曜日から三連休という方も多いかもしれません。夏休み前、最後の連休ということで、行楽地は賑わっていることでしょう。

今日は「おもちゃの話題」をお届けしましょう。

最近では、おもちゃもワールドワイドなものが増えていますが、時々、「地域密着の商品」というか、「お国柄を反映したもの」を見かけることがあります。

まぁ、子供さんの立場に立つと、身近に見ることができるものがおもちゃになっている方が親しみが持てると思います。

Feriもそうでしたが、男の子は乗り物のおもちゃが好きですよね。普通は自動車や鉄道が多いと思いますが、先日、ウィーンの老舗おもちゃ屋さんで、写真のような商品を見かけました。

何とスキー場などで見かけるリフト(こちらではSeilbahn、ザイルバーンと言いますが…)セットです。

Jc_001

日本でもロープウェイのおもちゃは時々見かけますが、さすがにリフトのおもちゃは見た記憶がありません。で、このおもちゃですが、よくできていて三人が並列で乗るトリプルタイプのリフトとキャビン(いわゆるロープウェイですね)の両方で楽しむことができるようになっています。

当たり前ですが、ちゃんと乗り場(ステーション)も付いています。日本のスキー場でもよく見かけるタイプですね。スキーやスノードをやる方にとってはおなじみの交通手段です。

途中に支柱があり、ケーブルは本物と同じくループ状(いわゆるエンドレス)。電池で動くモーターの力でグルグルとまわるようになっています。

Jc_003

私がおもちゃ屋さんで見つけたものは、途中に支柱がないタイプで、山頂側のステーションは高いところにクランプで取り付けられるようになっていました。これは、子供さん向けのセット(6歳以上)のようです。ちなみにお値段は149.9ユーロと、ちょっとお高いですね。

また、途中に設置する支柱が入っているセットもあるのですが、これはもっと本格的。何と、支ケーブルを支えるホイールの構造などは、本物と全く同じです。ただ、支柱が付いているセットは、おもちゃというより完全に模型の領域です。当然、支柱なども別売しており、その気になれば、規模の大きいジオラマを建設することも可能です。

この模型を製造しているのはJCCollectionというオーストリアのメーカーなのですが、さすがリフト大国、オーストリア。見事な仕様です。なお、縮尺は1/32を基本にしているようです。

Jc002_2

実は、どんな会社が調べたくてWebで検索したところ、鉄道模型なども製造している会社ですが、圧倒的なアドバンテージを誇るのは、ザイルバーン・シリーズです。なお、同社ではスキー場で活躍する圧雪車や除雪車、スノーモビルの模型なども販売しています。まぁ、スノーモビルはポピュラーなアイテムですから、わかるのですが、圧雪車とはねぇ‥ さすが、スキー大国オーストリア‥という感じです。

ところで、同社のホームページにはザイルバーン・シリーズのプロモーションビデオが紹介されていたのですが、これが“すばらしい”の一言 。実際に屋外で雪が積もっている場所に設置して録画している上に、本物の音をかぶせているため、人は乗っていませんが、実物のザイルバーンのようです。

さぁ、暑い日本の夏。皆さま、ザイルバーンのプロモーションビデオで涼をとってください


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グッズ |

« 不思議なリフト(エレベーター) | Main | 魅力的なガーデンキャンドル »

Comments

なるほど、これは凄い模型ですね。リフトばかりではなく、除雪車に圧雪車に、更にはスノーモービルまであるとは至れり尽くせりです。流石、ウィンタースポーツ立国の事はありますが、逆に言うとサッカーや陸上等のスポーツはオーストリアでは、あまり盛んではない事の裏返しなのでしょうか?同じヨーロッパでもドイツやイタリアやフランスではサッカーは盛んだし、プロリーグもありますけど、オーストリアではあまり聞きません。さほど強くないのでしょうか?
前にも言っていましたけど、ウィンタースポーツが盛んだと、今年夏のロンドンよりは2014年冬のソチオリンピックに関心が高いでしょうし。

Posted by: おざきとしふみ | July 17, 2012 21:59

おざきとしふみ様、こんにちは。

実はサッカーは、ものすごく盛んです。ドイツと同じく国内リーグ(ブンデスリーグ)もあり、シーズン中は盛り上がっています。

オシムさんが監督を務めていたチームもあります。

ただ、周囲が強豪国ばかりなので、ヨーロッパカップなどでは、なかなか本選に出場できません。

国民はサッカーが好きなので、先日、行われたユーロ2012ではテレビ観戦で盛り上がっていました。

Posted by: Feri | July 18, 2012 09:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 不思議なリフト(エレベーター) | Main | 魅力的なガーデンキャンドル »