« NORDSEEの新メニュー | Main | ComicとMangaは別です »

July 09, 2012

今年のメルビッシュ「こうもり」は、すごそうです

Diefledermaus2012

ウィーンの劇場はオフシーズンに入り、いよいよ各地で「夏の音楽祭」が始まります。

7月12日からは、恒例のメルビッシュのオペレッタが始まります。Feriは、毎年、公演の後半、8月中旬以降に見ていますので、レポートが「これからご覧になる方」にはあまり役に立ちませんね。さて、2012年のメルビッシュは、色々な意味で節目の公演です。

というのは、20年間にわたり、トップを務めていたハロルド・セラフィンさんにとって、「最後の公演」になるからです。

演出はHelmuth Lohnerさん、指揮はManfred MayrhoferさんとGünter Fruhmannさん、衣装と舞台装置がAmra Bergman-Buchbinderさん、振付がGiorgio Madiaさん、照明がFriedrich Romさん、音響がWolfgang Fritzさんです。
さて、現在、予定されている出演者ですが、以下の通りです。

Mg_6528_001

アイゼンシュタイン;Herbert Lippertさん・Jörg Schneiderさん
ロザリンデ:Alexandra Reinprechtさん・Elisabeth Flechlさん
アデーレ:Daniela Fallyさん・Sieglinde Feldhoferさん
オルロフスキー公爵:Zoryana Kushplerさん・Katerina Hebelkovaさん
フランク:Harald Serafinさん
ファルケ博士:Daniel Serafinさん(息子さん)
アルフレート:Taylan Reinhardさん・Daniel Serafinさん
フロッシュ:Helmuth Lohnerさん
弁護士ブリント:Gernot Heinrichさん

Mg_6703_001

メルビッシュの場合、どちらかというとキャリアの浅い人を起用し、ここを飛躍の舞台にする‥というキャスティングが多かったのですが、今回は、セラフィンさんの引退公演になったためか、ちょっと違います。

特に主役のアイゼンシュタインとロザリンデには、フォルクスオーパーなどで活躍しているベテランが起用されていますね。抜群の安定感がありますから、これは楽しみですね。

ご存じのようにJörg Schneiderさんは、5月のフォルクスオーパー来日公演で、お茶目なアイゼンシュタインを演じた歌役者さん。Alexandra Reinprechtさんは、来日公演では「メリーウィドウ」のハンナ、Elisabeth Flechlさんは、来日公演ではロザリンデを、それぞれ演じていましたから、日本のお客さまにもおなじみでしょう。

Mg_6444_001

また、意外なところでは、フロッシュのHelmuth Lohnerさん。俳優さんであると同時に、演出家としても活躍している有名人ですよね。

2012_morbisch_b

まぁ、セラフィン親子の共演は予想できましたが、お父様が刑務所長のフランクとは‥さて、どんな演技を見せてくれるでしょうか。いずれにしても、なかなか楽しみなキャスティングです。それにしても、美女に囲まれてご満悦のハロルド・セラフィンさん。きっと、良い演技を見せてくれることでしょう。

まだ、公演前なので、舞台装置や演出の詳細はわかりませんが、メルビッシュのWebサイトに出ている写真などを見る限りでは、舞台装置はかなりモダンな感じがします。

毎年、プルミエはORFが生中継をしますが、昨年は、豪雨のためプルミエが途中で中止になってしまいました(テレビはプローベの様子を放送しましたが)。今年は、セラフィンさんの引退記念公演なだけに、満天の星空の元、素晴らしい公演ができることを祈りたいものです。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_austria_001

オペレッタ |

« NORDSEEの新メニュー | Main | ComicとMangaは別です »

Comments

Feri さ~ん
ひえええええっ!!!
Herbert Lippert って国立オペラ座の重鎮です(一時喧嘩して離れていて最近復活)
でも、この人、テノールなんだけど、アイゼンシュタインの役を歌うんですね。
Daniela Fally はコロラチューラ・ソプラノの現代の代表的な歌手の一人。
Zoryana Kushpler も国立オペラ座の名脇役のメゾですが、あの体型でオルロフスキー? いや、意外に堂々としたオルロフスキーで合うかもしれない。
マイクを付けるのがもったいない歌手ばかりじゃないですか!!!

行かない予定でいたけれど
食指が動いてきた。あああ、危ない(自爆)

はっぱ

Posted by: はっぱ | July 11, 2012 at 05:31 PM

はっぱさん、こんにちは。

恐らく20年間メルビッシュ発展のために尽くしたハロルド・セラフィンさんのために、馳せ参じた‥という感じですね。きっと素晴らしい舞台になることでしょう。

ところでアイゼンシュタインですが、本当はテノールの役なのでバッチリ。

Feriは、今年も8月後半ですが、今からウキウキ。何と言っても最前列を確保していますからheart04

Posted by: Feri | July 11, 2012 at 08:04 PM

う~ん (-"-;)
一生懸命カレンダー見たのですが、今年の夏はオフィスの引っ越しや小旅行に
ザルツブルクに行ったり来たりもあって
メルビッシュはどうしても行けそうにありません。

残念ながら、世界のすべての事を観るワケにもいかないので
泣く泣く諦めます。

Feri さんのレポートを読ませていただいて
行った気になって楽しませていただきます。

はっぱ

Posted by: はっぱ | July 11, 2012 at 11:59 PM

はっぱさん、こんにちは。

まぁ、余りご無理をなさらないで‥私は、オペレッタ・オタクですから、「夏のメルビッシュ」は外せないだけですので‥

あと、自分の誕生日プレゼント‥という感じですね。

Posted by: Feri | July 12, 2012 at 10:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« NORDSEEの新メニュー | Main | ComicとMangaは別です »