« 何に使うのでしょうか? 謎の尖塔 | Main | 馬用トレーラーの意外な使い方 »

August 08, 2012

最強のコンビ?

Img_103_06_2539_001

今日は「スナックの話題」をお届けしましょう。

ウィーンのスナックスタンドでは、ブルスト(ソーセージ)が昔からある定番なのですが、しばらく前からケバブーが目立つようになってきました。ケバブーは、トルコをはじめとする中東地域が発祥の地‥だと言われています。

元々はウィーンでは馴染みのなかった料理ですが、中東から働きに来る人が増えたことに比例して、ケバブーを売るスナックスタンドが増えてきました。トルコの人が多く生活する地域では、ブルストスタンドよりもケバブーのスタンドの方が多い感じもしますね。

もちろん、中東の人だけしか食べない‥という訳ではなく、ウィーンの皆さんも召し上がっています。最近では、スナックスタンドだけではなく、ケバブーを扱うレストランも増えてきたようです。ウィーンフィル・メンバーの中にもケバブーをお好みの方がいらっしゃるそうですから、今ではすっかりウィーンに定着したと言っても良いでしょう。

ウィーンも日本ほどではありませんが、食事に関しては国際化が進んでいるような気がします。

Img_103_06_2547_002

さて、新参者ながら、最近急速にシェアを伸ばしているのが、何度か、このブログでもご紹介している「中華焼きそば」です。

当初は、焼きそばと巻き寿司などを扱う専門のスナックスタンド(HappyNoodlesなど)だけで販売していたのですが、ここ数年、ウィーン市内で焼きそばを扱うスタンドが急速に増えています。以前もお伝えしましたが、従来のブルストスタンドやピザスタンドで焼きそばを扱うようになったのが、ブームを裏付けています。

最近では、ケバブーのスナックスタンドも押されぎみ‥といった感じです。そうなると、誰もが考えそうなのが、ケバブーと焼きそばのコンバインドです。つまり、焼きそばのトッピングにケバブーを載せれば、流行りそうな気がしますよね。

先日、U6のAlser Straße駅に隣接したケバブースタンドを見たところ、何と、焼きそばの販売をはじめており、案の定、「ケバブー載せ焼きそば」を堂々と宣伝していました。トップ写真の中央(きれいなお姉さんが微笑んでいるもの‥ )が「ケバブー載せ焼きそば」で、お値段は3.3ユーロとお手頃です。ついに登場、最強のコンビ‥といったところでしょうか。メニューボードの左側には、今までどおりケバブー関連商品がラインナップされていますね。

ちなみに2枚目の写真はショッテントーアの地下にある焼きそばショップLUCKY NOODLESですが、夕方になると小腹を空かせた地元の皆さんが並んで買い求めています。この感じだと「中華焼きそば」も完全にウィーンに定着しそうですが、合わせて、こういったコンバインド商品も、次々と出てきそうな気がします。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング |

« 何に使うのでしょうか? 謎の尖塔 | Main | 馬用トレーラーの意外な使い方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 何に使うのでしょうか? 謎の尖塔 | Main | 馬用トレーラーの意外な使い方 »