« 番外編 乗っちゃいましたA380 | Main | 変わったお店シリーズ63 移動Café »

September 23, 2012

Illmitzの国立公園観察センター

Img_105_08_5258_001

今日はノイジードラーゼーにある「国立公園観察センター」をご紹介しましょう。

ノイジードラーゼー周辺は世界遺産に指定されていると同時に、国立公園になっています。日本のお客さまはあまりいらっしゃいませんが、メルビッシュの対岸にあるIllmitzには国立公園観察センターが設置されています。

8月、メルビッシュのオペレッタ鑑賞のついでに国立公園観察センターに立ち寄ってみました。場所は、Podersdorf方面から205号線を走ってくるとIllmitzの街に入る直前にあります(進行方向右側)。

当たり前ですが、ビジター用の無料駐車場も完備しています。

Img_105_08_5261_001

施設は平屋建てで、センターの中に入るとノイジードラーゼー周辺の案内を行うカウンターが出迎えてくれます。Feriが訪問した時も、自転車でサイクリング途中に立ち寄ったお客さまが、訪問する場所のガイディングを受けていました。センター内には各種の資料やパンフレットも置いてあり、情報収集にはうってつけですね。

Illmitz_001

施設内からも双眼鏡などで野鳥を観察することもできますが、施設の中庭には、野鳥を観測するための展望タワーが設置されています。周りに高い建物がないため、このタワーに登るとノイジードラーゼーまで見渡すことができます。

このタワーですが、金属フレームに木の足場を組み合わせたもので、ちょっとスリリングです(余談ですが、オーストリアでは、このスタイルの展望タワーを比較的多く見かけます。まぁ、木材の産地ですからね)。ちなみにタワー上部の定員は40名となっていましたが、暑い夏だったので、登っている人は少なかったですね。

Img_105_08_5265_002_2

このセンターでは、定期的にセミナーをはじめとするイベントを開催しているようで、館内には、そのためのホールや会議室なども設置されています。以前、日本で稚内の大沼湖畔にある野鳥観測センターを訪問したことがあるのですが、用途が似ているためか、雰囲気も似ていました。

Img_105_08_5264_001

そうそう、売店ではノイジードラーゼーや野鳥に関する各種グッズが販売されていますが、一部の商品については寄付金が含まれているようです。気の利いたデザインのTシャツなどのオリジナルグッズも多いので、お土産には最適かもしれません。

さて、さすがに自然公園の観察センターだけあって、展望タワーが建っている中庭には右の写真のようにソーラーパネルがずらりと並んでいました。もちろん、これだけで総ての電量を供給することはできないとは思いますが、施設のコンセプトをよく表していると思います。

Img_105_08_5266_001

そして、施設が所有する自動車の一部には、写真のような電気自動車が使われていました(こういうアピールの仕方は、こちらの方は好きですね happy01 )。

季節によって観測できる野鳥は変わりますが、さすがに真夏の昼間は観測できる鳥は少ないようです。

Img_105_08_5259_001

Feriが訪問した時はタイミングが悪かったので、多くの野鳥を見ることができなかったのが残念です。もっとも、真夏の真っ昼間、一番暑い時間帯は野鳥も「お休みタイム」ですよね。早朝や夕方の涼しい時間帯に行かないと、野鳥にはお目にかかれないかもしれません。

自然に親しむにはうってつけの場所です。皆さまも機会があったら、ぜひ、この周辺を訪れたらいかがでしょうか。美味しいワインも待っていますよ wink

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_austria_001

旅行・地域 |

« 番外編 乗っちゃいましたA380 | Main | 変わったお店シリーズ63 移動Café »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 番外編 乗っちゃいましたA380 | Main | 変わったお店シリーズ63 移動Café »