« August 2012 | Main | October 2012 »

September 2012

September 30, 2012

街中がホイリゲ Illmiz

Img_105_08_5318_001

今日で9月のおしまいですが、日本では大型の typhoon 台風17号が沖縄から本州へ進行中とのことですが、被害が心配です。

さて、今日は日曜日なので、ブルゲンラント州のノイジードラーゼー湖畔にある「Illmizの話題」をお届けしましょう。最近は日本からいらっしゃった観光客もノイジードラーゼー周辺で見かけることがありますが、アイゼンシュタットに近いルストやメルビッシュが多いようです。Illmizはちょうどメルビッシュの対岸にある小さな町(というか村)です。

9月23日の記事でお伝えしたように、周辺は国立公園になっており、自然が豊かな地域です。ただ、ルストやメルビッシュが湖畔から比較的近い場所にあるのに対し、Illmizは湖畔にあるSeebad(湖畔のリゾート施設)まで距離があるため、町からはノイジードラーゼーは見えません。

Continue reading "街中がホイリゲ Illmiz"

| | Comments (2)

September 29, 2012

田舎でも犬の○○は大迷惑?

Img_105_08_4798_001

日本では、週末から週明けにかけて台風が襲来しているようですが、猛暑のせいで、台風の襲来が例年より遅くなっているそうですね。皆さま、お気をつけください。

さて、今日は「街角で見かける注意看板」のお話です。

以前、このブログでウィーンで見かける「犬の○○放置禁止(放置し、検挙されると罰金36ユーロ)」という看板の話題をお伝えしました。

かわいい犬が飼い主に訴えかけるような看板がウィーンの街中にたくさん出ていますが、減らないところを見ると、飼い主のマナーが悪化しているのでしょうかね。恐らく一部の飼い主だけだと思うのですが、本当に残念なことです。

最近では、飼い主さんにちゃんと処理してもらうため、無料のポリ袋が街角に設置されていますが、その効果も今ひとつのようです。

Continue reading "田舎でも犬の○○は大迷惑?"

| | Comments (0)

September 28, 2012

変わったお店シリーズ64 24時間、営業中です

Img_105_08_4392_001

今日はオーストリアでは珍しい「24時間営業のお店」をご紹介しましょう。

日本と異なり、基本的に物販店は24時間営業をしないオーストリアですが、ガススタンドだけは例外なようです。もちろん、街中にあるガススタンドについては、開閉店になっているところが大部分ですが、アウトバーンステーションや幹線道路沿いには、24時間営業のところもあるようです。

さて、今夏、ザルツブルク州の田舎をドライブしているとき、「24時間営業」という看板を見かけました。田舎で24時間営業。これは驚きです。

さっそく、その看板に従って車を進めると、やはりガススタンドでした。

Continue reading "変わったお店シリーズ64 24時間、営業中です"

| | Comments (1)

September 27, 2012

焼きたてのセンメルを食べよう

Img_105_08_4784_001

今日は「センメルの話題」をお届けしましょう。

日本では美味しいご飯があれば、おかずはいらない‥という時もありますが、こちらでは「美味しいセンメルがあれば、朝はそれで満足」という感じです。

今でもベッカライの中にはハンドセンメル(マイスター謹製の手作りセンメル)を売っているところがありますが、そういうところで、「焼きたて」を買うと、本当に美味しいですね。これが最高です。しかも、お値段もリーズナブルなので、言うことありません。

また、ハンドセンメルでなくても、焼きたては、やはり美味しいですね。住んでいるところの近くにベッカライがあればベストなのですが、Feriがいるところの近くにはベッカライがありません。

Continue reading "焼きたてのセンメルを食べよう"

| | Comments (2)

September 26, 2012

これが本当のマウンテンバイクの使い方?

Img_105_08_4852_001

bicycle 今日は「自転車の話題」をお伝えしましょう。

オーストリアをはじめ、ヨーロッパの国では、都市部では自転車道路や自転車用レーンなどがよく整備されており、快適に自転車を利用することができます。そのため、色々な自転車を街中で見ることができます。

日本でも人気があるマウンテンバイクも都市部で見ることがありますが、今夏、ザルツブルク州の田舎に滞在中、山の上にリフトで登ったとき、興味深い光景を目にしました。

この山は山頂付近がスキー場になっているのですが、夏はハイキングコースとして多くのハイカーや家族連れが訪れています(余談ですが、こちらの方はハイキングが好きな方が多いのですが、服装は軽装でも靴だけはしっかりとした登山用のものを履いていますね)。

Continue reading "これが本当のマウンテンバイクの使い方?"

| | Comments (0)

September 25, 2012

ハイブリッドタクシーが普及中

Img_106_09_6002_001

今日は「タクシーの話題」をお伝えしましょう。

オーストリアでは、通常、タクシーには普通乗用車が使われています。一番多いのは、メルセデス・ベンツでしょうかね。ドイツ語圏のタクシーでは標準車と言っても良いかもしれません。もちろん、荷物の多いお客さま向けに、日本のタクシーでは余り見かけないステーションワゴンタイプも使われています。逆に日本では増えているワゴンタクシーは少ないようです。

さて、最近、ウィーンのタクシーに増えてきたのは、日本のトヨタが発売しているハイブリッドカー・プリウスです。最初はたまに見かける程度でしたが、最近では、市内で頻繁に見かけるようになりました。また、タクシー乗り場の列を見ても、プリウスが止まっているケースが多くなりました。

Continue reading "ハイブリッドタクシーが普及中"

| | Comments (0)

September 24, 2012

変わったお店シリーズ63 移動Café

Img_106_09_5963_001

久しぶりに「変わったお店シリーズ」をお伝えしましょう。

日本では自動車を改造して料理を販売する移動販売車を時々見かけますね。元々、日本は世界のお料理を日常的に食べるという珍しい国。それだけに最近では、ケバブ、ピザ、カレー、アイスクリーム、コーヒーなど色々な料理の移動販売車があるそうです。

さて、先日、国立歌劇場に面したカラヤン広場を通りかかったら、何やら人だかりができています。“人だかりのあるところにブログネタあり“という訳ではないのですが、気になったのでのぞいて見ました。

すると写真のような小さな三輪車を改造した移動Caféが営業をしていました。店名は「Espresso Mobil」。 cafe エスプレッソを中心とした本格的なコーヒーを提供するお店です。

Continue reading "変わったお店シリーズ63 移動Café"

| | Comments (0)

September 23, 2012

Illmitzの国立公園観察センター

Img_105_08_5258_001

今日はノイジードラーゼーにある「国立公園観察センター」をご紹介しましょう。

ノイジードラーゼー周辺は世界遺産に指定されていると同時に、国立公園になっています。日本のお客さまはあまりいらっしゃいませんが、メルビッシュの対岸にあるIllmitzには国立公園観察センターが設置されています。

8月、メルビッシュのオペレッタ鑑賞のついでに国立公園観察センターに立ち寄ってみました。場所は、Podersdorf方面から205号線を走ってくるとIllmitzの街に入る直前にあります(進行方向右側)。

当たり前ですが、ビジター用の無料駐車場も完備しています。

Continue reading "Illmitzの国立公園観察センター"

| | Comments (0)

September 22, 2012

番外編 乗っちゃいましたA380

Img_105_08_4124_001

今日は番外編として巨人機エアバスA380の搭乗記をお伝えします。

最近は日本線にも投入されるようになったエアバスの巨人機A380ですが、先日、ルフトハンザ・ドイツ航空の日本便で乗る機会がありました。もちろんエコノミークラスです‥

A380はオール2階建ての巨人機ですが、航空会社によってフロアの使い方に特徴があります。ただ、共通しているのはエコノミークラスはメインデッキ(1階)に割り当てられている‥という点でしょうか。

ルフトハンザ・ドイツ航空の場合、総定員は526名で、アッパーデッキ(2階)にはファーストクラス(8席)とビジネスクラス(98席)、メインデッキはオールエコノミークラスとなっています。さて、メインデッキのエコノミークラスの定員は、何と420名!! 420名と言ったら、日本の国内線を飛んでいるボーイング777-200が400席前後ですから、凄まじいですね。

その昔、B747に乗ったときも、大きい‥と感じたものですが、メインデッキがオールエコノミークラスだと、前から乗って、後ろへ行けども椅子だらけ‥さすがに途中にギャレーやラバトリーがあるため、後ろまで一気に見通せる訳ではありませんが‥

Continue reading "番外編 乗っちゃいましたA380"

| | Comments (4)

September 21, 2012

速報 オペラ歌手の甲斐 栄次郎さんが写真集を出版しました

Img_106_09_6345_001

今日は、「日本で新しく出版された写真集の話題」をお届けしましょう。

ウィーン国立歌劇場の専属歌手として活躍中の甲斐 栄次郎さんが、このたび「ライカで綴る古都ウィーン-音楽が聞こえるモノクロームの風景-」という写真集を日本で出版されました。

ご存じの方も多いと思いますが、甲斐さんは今年、ウィーン国立歌劇場の専属歌手となって10周年を迎えます。また、来月には同劇場の来日公演では10月26日、横浜で1回だけ上演される「子供のための魔笛」にも出演されます。

日本ではバリトン歌手は、残念ながらあまり注目されませんが、前シーズンの「ロベルト・デビュリュー」のように主役と肩を並べる重要な役もたくさんあります。素晴らしいオペラは、主役の脇を固めるキャストのレベルが高くないと、実現できません。また、10年間、ソロ歌手として継続して専属契約を結ぶことができるというもは、大変なことだと思います。

さて、Feriも、ごく最近まで知らなかったのですが、甲斐さんは学生時代から写真が趣味だったそうで、留学先のニューヨークやイタリアでも、オフには写真を撮っていたそうです。

Continue reading "速報 オペラ歌手の甲斐 栄次郎さんが写真集を出版しました"

| | Comments (3)

September 20, 2012

今日からオーストリアのマクドナルドがMcNoodlesを販売

Img_116_09_0911_001

このブログでも時々お伝えしている「ウィーンの焼きそば旋風」ですが、ついにマクドナルドにも飛び火したようです。

今日、9月20日からオーストリアのマクドナルド全店で、「マックヌードル」(McNoodles)が試験的に販売されることになりました。

Feriは、まだ実際に試食していませんが、マクドナルド・オーストリアのWebサイトなどで発表されている情報によると、スウィート&サワー・チキン(日本流の言い方だと甘酢でしょうね)とカレー・チキンの2種類だそうです。2枚目の写真をご覧になるとわかりますが、「汁そば」系ではなく、やはり「焼きそば」系のようです。

気になるお値段ですが、4.99ユーロ(微妙な価格設定ですね)。通常、ウィーンのスタンドで販売されている焼きそば(大)が3ユーロ強ですから、ちょっとお高め。ただ、写真を見る限り、具材がたくさん入っているようで、クオリティは高そうです。

Continue reading "今日からオーストリアのマクドナルドがMcNoodlesを販売"

| | Comments (3)

September 19, 2012

Universitätsringへ看板の掛け替えが進行中

Img_106_09_5835_001

今日は「元Dr.Karl Luegger-Ringの話題」です。

7月23日の当ブログで「Universitätsringへの看板の掛け替えが始まった」という話題をお伝えしましたが、その続報です。

ウィーン大学の最寄り停留所であるショッテントーア付近については、写真のように看板の掛け替えがかなり進んでいます。

地下通路から地上に出るところに設置されている表示板もご覧の通り。こちらでは9月に新学期が始まりますから、それに合わせて大学の近くは、意図的に急いで看板の掛け替えを行ったのかもしれません。

Continue reading "Universitätsringへ看板の掛け替えが進行中"

| | Comments (0)

September 18, 2012

ダイナミック 大型車同士の追い抜きシーン

Img_105_08_4187_001

日本の皆さま、三連休はいかがお過ごしになったでしょうか。お天気に恵まれた地方では、近くまでドライブ‥という方もいらっしゃったかもしれませんね。

さて、今日は「アウトバーン(高速道路)の話題」をお届けしましょう。

Feriは、日常は自動車を使いませんが、夏期休暇でザルツブルク州の田舎へ行くときだけは、効率を考えてレンタカーを利用します。オーストリアは国土が狭い割に、道路が整備されていると感じることがよくあります。アウトバーンもウィーン近郊など、交通量が多いところでは4車線になっているところもあります。交通量が多い‥と言っても東京近郊とは比べものにならないくらい少ないとは思いますが‥

さて、こちらではアウトバーンは最低でも2車線あり、進行方向右側が走行車線、左側が追越車線になっています。日本ではずっと追越車線を走る車を時々見かけますが、こちらでは、逆に追い越し後は走行車線に戻るのが普通です。つまり車線変更を頻繁に繰り返す車が多い‥と言えます。

Continue reading "ダイナミック 大型車同士の追い抜きシーン"

| | Comments (2)

September 17, 2012

修道院のホイリゲ

Img_106_09_6017_001

日本では、今年は9月17日が「敬老の日」でお休みですね。台風16号の襲来などもあり、三連休というのに騒がしい週末だったようです。

さて、今日は「ホイリゲの話題」をお届けしましょう。ホイリゲは基本的に自家製ワインを生産している農家が兼業としてやっているのが普通ですが、修道院が経営しているホイリゲもあります。

ご存じのように修道院では、修道士の生活を維持するため、農業や酪農などを行い、製品を販売することで収入を得ています。日本でも函館や大分にあるトラピスト修道院(当別修道院、大分修道院)で作られたバターやクッキーは有名ですよね。

オーストリアの修道院の中には、ワインを生産しているところもあります。実はウィーン市内にもワインを作っている修道院があるのですね。

という訳で、先日、ウィーン市内にある「修道院のホイリゲ」に足を運んでみました。

Continue reading "修道院のホイリゲ"

| | Comments (3)

September 16, 2012

フォルクスオーパーのドイツ語版「カルメン」再見

Img_106_09_5929_001

日本のお客さまにもおなじみのビゼー作曲のオペラ「カルメン」。Feriもフォルクスオーパー版は以前に観ているのですが、久しぶりにのぞいてきました。

現在の演出はGuy Joostenさんによるもので、通算149回の上演回数を誇ります。フォルクスオーパーの公演はフランス語ではなく、ドイツ語版です。当然、字幕はありません。

当日の指揮はEnrico Dovicoさん。主なキャストは、次のとおりです。

カルメン:Annely Peeboさん
ミカエラ:Kristiane Kaiserさん
フラスキータ:Beate Ritterさん
メルセデス:Manuela Leonhartsbergerさん
ドン・ホセ:Mehrzad Montazeri
闘牛士エスカミーリョ:Sebastian Holecekさん
衛兵隊長スニガ:Sébastien Soulèsさん
モラレス:Sokolin Asllaniさん
密輸商人ダンカイロ:Thomas Zistererさん
レメンタード:Stephen Chaundyさん
居酒屋の主人リリャス・パスティア:Georg Wacksさん

Continue reading "フォルクスオーパーのドイツ語版「カルメン」再見"

| | Comments (0)

September 15, 2012

収穫祭を楽しもう ernte dank fest/12(動画付き)

Img_106_09_5848_001

日本は9月17日が「敬老の日」でお休みなので、今日から「秋の三連休」という方もいらっしゃると思います。22日が「秋分の日」なので、来週はウィーンにお越しの方もいらっしゃることと思います。お待ちしていますよ。

さて、今日は9月8日と9日に開催された「ernte dank fest/12」の様子を動画付きでお楽しみいただきましょう。

ヘルデンプラッツを会場として行われる、この行事。「Essen ist Heimat」という副題がついているように、農作物の収穫に感謝しながら、“郷土の食事を楽しみましょう”という趣旨の収穫祭です。

Continue reading "収穫祭を楽しもう ernte dank fest/12(動画付き)"

| | Comments (0)

September 14, 2012

タンス預金をユーロに換金しましょう

Img_106_09_5845_001

最近、ヨーロッパに旅行されるようになった方は、多くの国でユーロが導入され、国の間を移動する際、その都度、換金する手間から解放されて、便利になったと実感されていると思います。

1週間で数カ国を回るようなツアーだと、その都度、換金すると手数料などもばかになりませんからね。それに各国の小銭も増えてしまうし‥

オーストリアの通貨はシリングでしたね。懐かしい‥ユーロ導入後、移行期間を経て2002年からは、基本的に市中ではユーロが法定通貨に変わりました。

そう言えば、ユーロ導入時にスターターキットを準備した国がありましたが、オーストリアもその一つ。合計14.54ユーロ、33枚のユーロ硬貨が200シリングで販売されたそうです。

旧通貨は、すでに法的効力がありませんが、オーストリアやドイツでは、無期限、無手数料でユーロに交換してくれます。ただ、今では中央銀行など換金できる場所が限られているそうですが‥

Continue reading "タンス預金をユーロに換金しましょう"

| | Comments (2)

September 13, 2012

雀もお日様が大好き

Img_106_09_5851_001

9月に入っても夏のような天気が続くウィーン。もっとも木陰は涼しいですが、日なたは暑いです。しかし、こちらの皆さんにとっては貴重な日光浴ができる「最後の季節」でもあります。

例によって土曜、日曜には公園で「日向ぼっこ」を楽しむ皆さんで賑わっています。それに加えて、まだまだ薄着の人が多いですね。

さて、先日、用事があってインナーシュタットへ行った帰り、暑いので一服しようとフォルクスガルテンのカフェに入りました。

フォルクスガルテンは雀が多い場所です。このカフェにも雀がたくさんきます。ふと、隣のテーブルを見ると、椅子の上に敷かれた座布団に雀がしっかり座っているではありませんか。しかも気持ちよさそうに「日向ぼっこ」をしています。

Continue reading "雀もお日様が大好き"

| | Comments (2)

September 12, 2012

工事がやぶ蛇‥さぁ、大変

Img_106_09_5957_001

「ワルツの夢」プルミエレポートが続いたので、今日は久しぶりに「街角の話題」をお届けしましょう。

先日からFeriが住んでいる場所の前で、水道工事が始まりました。こちらでは冬になると土木工事は厳しいので、季節の良い今頃は各地で土木工事や建設工事が行われます。

工事が行われている道は幅が狭いため、信号機付きの対面通行になっています。工事そのものは日本と同じ。まず、仮設の水道管(樹脂製のもの)を敷設し、バイパスします。その上で、重機で水道管のある場所を掘り、新しい水道管と取り替える‥というものです。

Continue reading "工事がやぶ蛇‥さぁ、大変"

| | Comments (0)

September 11, 2012

フォルクスオーパー「ワルツの夢」プルミエレポート(その3)

Img_106_09_5763_001

3回目のプルミエレポートですが、今日は周辺情報のご紹介です。

○プルミエのオマケ
フォルクスオーパーの場合、プルミエでは色々な趣向があるのですが、今回は久しぶりに開演前にフリードリンクサービスが実施されました。ビア、セクト、カフェなどが無料で飲み放題。

また、小型のセンメルサンドも無料で振る舞われました(提供はおなじみ、肉屋のRADATZ)。でも、この企画、劇場の外で実施しているので、正直、プルミエのチケットを持たなくても、乱入可能です(実際、そういう人はいませんが‥)。なお、一幕後の休憩からは通常どおり、有料に変わります(当たり前ですが‥)。

プルミエには有名人がたくさんきますが、フォルクスオーパーのメンバーではクルト・シュライヴマイヤーさんがご家族でいらっしゃっていました。

Continue reading "フォルクスオーパー「ワルツの夢」プルミエレポート(その3)"

| | Comments (0)

September 10, 2012

フォルクスオーパー「ワルツの夢」 プルミエレポート(その2)

Img_106_09_5813_001

昨日に引き続き、フォルクスオーパー「ワルツの夢」プルミエレポートをお届けします。

○キャスティングの成功
2011/12シーズン後半、日本公演が入ったため、準備が大変だったと演出補の女性が話していましたが、恐らく6月に行われた「マダム・ポンパドゥール」のプルミエと平行して制作が行われていたと思われます。

シーズン終了から2カ月もある‥と日本人は思いがちですが、実はこちらでは夏休み。今回、9月8日のプルミエだったので、実質的には夏休み前(つまり6月中)に完成度を高めておく必要があった訳です。これは劇場としても、かなりの負担になったことでしょう。

Continue reading "フォルクスオーパー「ワルツの夢」 プルミエレポート(その2)"

| | Comments (0)

September 09, 2012

フォルクスオーパー「ワルツの夢」 プルミエレポート(その1)

Img_106_09_6175_001

フォルクスオーパー2012/13シーズンのスタートを飾るのはオスカー・シュトラウス作曲のオペレッタ「ワルツの夢」(Ein Walzertraum)です。

今回、事前公演前に、2日間、休演として準備を行うなど、フォルクスオーパーとしては久しぶりに気合いの入った演目です(来日公演で準備が厳しかったことが背景にあるようですが‥)。

指揮はGuido Mancusiさん。主なキャストは以下のとおりです。

ヨアヒム大公: Andreas Daumさん
ヘレネ姫: Caroline Melzerさん
ロタール伯爵:Markus Meyerさん
ニキ中尉: Thomas Paulさん
モンチ中尉: Michael Havlicekさん
フリーデリケ(女官長):Alexandra Klooseさん
ヴェンドリン(大公の侍従長):Christian Drescherさん
ジギスムント(大公の侍従):Gernot Krannerさん
フランツィ:Anita Götzさん
フィフィ: Renée Schüttengruberさん
アンネル(ヴァイオリニスト):AnnerlIrene Halenkaさん

Continue reading "フォルクスオーパー「ワルツの夢」 プルミエレポート(その1)"

| | Comments (0)

September 08, 2012

フォルクスオーパーのスペシャルイベントに参加しました

Img_106_09_5953_001

今日は「フォルクスオーパーの話題」をお届けしましょう。

毎年、シーズンはじめの9月は趣向を凝らしたイベントで注目を集めるフォルクスオーパーですが、今年は9月いっぱい、色々なイベントが行われています。

代表的なところでは、毎週金曜日に行われているバックステージツアーでしょうか。ただ、このスペシャルイベントですが、参加するには、ちょっと面倒なところが玉に瑕。というのは、8月22日から、フォルクスオーパーのチケット売場で、公演チケットを購入し、その日に行われるイベントがある場合、その場で予約券をもらう‥という仕組みになっていたのです。

当初は、6月に9月分のチケットを買った人は対象外だったのですが、直前になって、チケットを持ってフォルクスオーパーのチケット売場に来れば、イベントの予約券をくれることになりました。

Feriとしてはバックステージツアーに、ぜひ参加したかったのですが、あいにく予約券の配布日は仕事の都合で日本に滞在していました。

ところが、9月に入ってからCulturallから「Feriさんが購入した公演日に行われるイベントにフォルクスオーパーから参加のオファーが入っていますが、どうしますか?」というメールが飛び込んで来ました。

Continue reading "フォルクスオーパーのスペシャルイベントに参加しました"

| | Comments (0)

September 07, 2012

シーズン開幕 国立歌劇場「アラベラ」

Img_106_09_5705_001

ウィーンでは、オペレッタやオペラの2012/13シーズンが開幕しました。国立歌劇場は9月4日の「ドン・カルロ」(イタリア語版)からスタートです。

シーズン毎に変わる緞帳ですが、今シーズンは写真のような感じです。さて、Feriは、翌日のリヒャルト・シュトラウス作曲「アラベラ」を観に行きました。

当日の指揮は音楽総監督のFranz Welser-Möstさん。主なキャストは以下のとおりです。

アラベラ:Camilla Nylundさん
ズデンカ:Ileana Toncaさん
マンドリカ:Tomasz Koniecznyさん
マテオ:Herbert Lippertさん
ヴァルトナー伯爵:Wolfgang Banklさん
アデライーデ:Zoryana Kushplerさん
ファイカー・ミリ:Íride Martínezさん(今日が国立歌劇場デビュー)

Continue reading "シーズン開幕 国立歌劇場「アラベラ」"

| | Comments (4)

September 06, 2012

ロードサイドの屋台にご用心

Img_103_06_2480_001

今日は「生鮮野菜や果物を売っている屋台のお話」です。

ウィーン市内でも定期的に立つ市では、産地直送のBio野菜や果物が販売されています。農家が直に販売している場合もありますね。出所がはっきりしている新鮮な野菜や果物を食べたいと思っている人が多いのか、結構、賑わっています。

また、地方都市でも、生産者直売の市は健在です。こういった市には、「常連のお客さま」が多いようで、販売している店員さん(というか一部は生産者さん)と顔なじみになっています。こういうところで、買う野菜や果物は、本当に美味しいですし、安心ですよね。

このほか、シーズンになるとロードサイドに、野菜や果物を販売する屋台が出ることがあります。とくにオーストリアの人に人気があるシュパーゲルの季節などは、沢山の屋台が見られます。

Continue reading "ロードサイドの屋台にご用心"

| | Comments (0)

September 05, 2012

ご用心 駐車違反の取り締まり

Img_103_06_2815_001

今日は「交通違反の取り締まりにまつわるお話」をお届けしましょう。

ウィーンにお越しになった方は気がつかれたと思うのですが、こちらは路上駐車が多いですよね。都心部はもちろんのこと、ちょっと郊外に住宅地に行っても路上に乗用車などが止めてあります。

日本では、法律によって車庫証明がないと自動車の所有ができなくなったので、夜間、長時間、路上に自動車を止めている人は少なくなりましたが、こちらでは夜間になると路上駐車が増えるようです。

もちろん、「路上駐車可」というエリアもありますし、都心部ではパーキングメーターも含めて、時間制限内で駐車が許可されている場所もあります。

路上駐車が多いため、取り締まりをしていないように錯覚しがちですが、実は警察もしっかりとチェックを行っています。とくに時間制限のある場所では、かなり細かくチェックをしているようです。

Continue reading "ご用心 駐車違反の取り締まり"

| | Comments (0)

September 04, 2012

リゾート地のレストランで見かけたハイテク技術

Img_105_08_4878_001

今日は「リゾート地のレストランで見かけたハイテク技術のお話」です。

オーストリアというのは不思議な国で、よい意味で旧態依然とした仕組みが残っている反面、妙なところに日本でも見かけないハイテク技術を使っているところがあります。

例えば、今夏、Feriがバカンスで旅行したニーダーエスターライヒ州、ザルツブルク州、ブルゲンラント州のガストホフやペンションは、いずれも小規模な施設だったのですが、すべて無料のインターネット(一箇所以外はWi-Fi)が使えるようになっていました。そのためウィーンで使っているA-1のUSBモデムは、出番がほとんどありませんでした。

さて、最近ではオーストリアのレストランやカフェは、売上をすべて電子的に登録するようになっています(どうも脱税封じらしいのですが‥)。もちろん、昔のようにウェイターさんがメモでオーダーを記録するところも沢山ありますが、必ずバックヤードで端末からオーダーを入力しています。

という訳で、紙のメモを廃止して、ウェイターさんに携帯端末を持たせて、これでオーダーを入力する方式も少しずつ増えています。これは日本のビアホールや居酒屋などでもよく見かけますよね。

Continue reading "リゾート地のレストランで見かけたハイテク技術"

| | Comments (0)

September 03, 2012

皆さん大好き 夏はEISだ!

Img_105_08_4546_001

今日は、オーストリアの皆さんも大好きな「アイスクリームのお話」です。

日本でもアイスクリームは色々な種類が売られていますが、どうしても食べる人が偏っているような気もします。が、こちらでは、老若男女、いろいろな皆さんが夏はアイスクリームを楽しんでいます。

夏の時期にウィーンにいらっしゃった方は、日中、街中でスーツ姿のビジネスパーソン(もちろん男性)が、コーンに入った山盛りのアイスクリームを召し上がりながら歩いているのをご覧になったことがあると思います。

最も、こちらの男性は、アイスクリームに限らず、甘いものがお好きな方が多いようですね。

Continue reading "皆さん大好き 夏はEISだ!"

| | Comments (0)

September 02, 2012

80万アクセスを達成しました。

2012_8000_2

new このブログは、2004年秋から「strong>オーストリアに関連する話題」を扱っていますが、2012年9月2日の午後(日本時間、オーストリア時間では朝)、皆さまのおかげで80万アクセスを達成しました confident

本当にありがとうございます。Feriが危ない日本人だから、日本政府がわざわざ政府専用機を仕立てて、迎えに来たわけではありません。ご安心ください。

70万アクセス2012年4月13日でしたので、5カ月ほどで10万件のアクセスをいただいたことになります。コメント欄は賑わうことは少ないのですが、コンスタントにアクセスしていただける読者の方が多いようです。重ねてお礼申し上げます。

オーストリア関連のブログだと音楽をはじめとする芸術の話題を取り上げる方が多いのですが、つまらないことも気になるFeriの場合、幅広い(現地の方にとっては、どうでもいいこと‥)話題を camera 写真入りで2200以上、お届けしてきました。

Continue reading "80万アクセスを達成しました。"

| | Comments (4)

太陽大好き

Img_105_08_4856_001

9月に入りましたが、今日は「 sun 日光浴の話題 sports 」です。

6月から8月にかけて、こちらへいらっしゃった方は、公園などで日光浴を楽しんでいるオーストリアの人をご覧になったことがあると思います。オーストリア人に限らず、中部ヨーロッパの方は日光浴が好きですよね。天気が良い日は、公園などでもすぐ薄着になって日光を浴びています。

また、山岳リゾート地やザルツカンマーグートの湖でも日光浴をしている観光客を沢山見かけます。今年の夏、ザルツブルク州で標高2000メートル級の山岳リゾート地へ行ってみました。麓からはゴンドラで山頂付近まで一気に登ることができる場所です。冬はスキー場なのですが、夏はハイキングなどを楽しむお客さまで賑わっています。

Feriが訪れた時も、天気が良かったため、家族連れを含む大勢のお客さまがハイキングなどを楽しんでいました。こういったエリアでは、日本以上に充実しているのが山小屋(ヒュッテ)などの休憩施設。余談ですが、オーストリアでは山岳地帯にあるヒュッテでも、飲み物などの値段が、山麓とさほど変わりません。

Continue reading "太陽大好き"

| | Comments (0)

September 01, 2012

公道を快走 ミニカート

Img_105_08_4314_001

オーストリアでは日本と法律が違うため、時々、面白い乗り物を見かけることがあります。今日は、そんな「変わった乗り物」の話題をお届けしましょう。

さて、先日、アッターゼー湖畔のSchörflingにオープンしたGUSTAV KLIMT ZENTRUMを訪れた際、面白い乗り物を発見しました。

写真をご覧ください。いわゆる遊園地などで見かけることが多いミニカートです。クラシックスタイルのレースカーをモチーフにしており、なかなか格好が良いですよね。

通常、この手の車両は日本では車検に通らないため、遊園地やレース場などの私有地内しか走ることができません。が、このミニカートは、何と公道を走っているのです。ビックリしましたねぇ。公道を走るため、ちゃんと後部にはナンバープレートも取り付けられています。

Continue reading "公道を快走 ミニカート"

| | Comments (0)

« August 2012 | Main | October 2012 »