« Universitätsringへ看板の掛け替えが進行中 | Main | 速報 オペラ歌手の甲斐 栄次郎さんが写真集を出版しました »

September 20, 2012

今日からオーストリアのマクドナルドがMcNoodlesを販売

Img_116_09_0911_001

このブログでも時々お伝えしている「ウィーンの焼きそば旋風」ですが、ついにマクドナルドにも飛び火したようです。

今日、9月20日からオーストリアのマクドナルド全店で、「マックヌードル」(McNoodles)が試験的に販売されることになりました。

Feriは、まだ実際に試食していませんが、マクドナルド・オーストリアのWebサイトなどで発表されている情報によると、スウィート&サワー・チキン(日本流の言い方だと甘酢でしょうね)とカレー・チキンの2種類だそうです。2枚目の写真をご覧になるとわかりますが、「汁そば」系ではなく、やはり「焼きそば」系のようです。

気になるお値段ですが、4.99ユーロ(微妙な価格設定ですね)。通常、ウィーンのスタンドで販売されている焼きそば(大)が3ユーロ強ですから、ちょっとお高め。ただ、写真を見る限り、具材がたくさん入っているようで、クオリティは高そうです。

Mcnoodles_001

最近、ランチタイムの「焼きそばスタンドの盛況」を見れば、「ファストフードの王者」としても参入したくなる気持ちもよくわかります。しかし、甘酢カレー風味というのは意表を突きましたね。やはり焼きそばスタンドを良く研究し、明確な差別化を打ち出したのでしょう。

実際、マクドナルド・オーストリアの商品開発担当者Hans-Christian Jurcekaさんは、「開発には1年半を要した」と言っています。甘酢やカレーを、いかにオーストリア人の味覚に合わせるか…というのは、意外に大変だと思います。

Img_103_06_2295_001

なお、麺についてはタイから輸入するとか‥ 販売期間は、当面、2カ月程度が予定されているそうですが、果たしてマクドナルドの参入でオーストリアの「麺事情」が大きく変わることになるでしょうかね。興味津々。

一方、迎え撃つ形になる地元の焼きそばスタンドは、どのような策に出るでしょうか。実はFeriは、オーストリアではマクドナルドは利用したことがありません(マクドナルドに行くくらいなら、Caféの方がご機嫌なので‥)。しかし、麺好きなFeriとしては、今度は行ってしまうかも知れませんね。試食の結果は、いずれ、また‥

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング |

« Universitätsringへ看板の掛け替えが進行中 | Main | 速報 オペラ歌手の甲斐 栄次郎さんが写真集を出版しました »

Comments

おひさしぶりです。

ウィーンではありませんが、焼きそばを注文したら、なんちゃってでがっかりした所です。
日本で食べられるものをイメージしていたのがいけなかったのでしょう。麺とか具とか...。
日本でおなじみのものでも別の食べ物と捉える位が丁度いいのかもしれませんね。
でもマックヌードル試してみたいです。

Posted by: まちゃ | September 20, 2012 08:45

今日は。
私もオーストリアではというか、海外では1度もマクドナルドを利用したことがないです。マクドに行くなら、やっぱりホイリゲですね。
ところで、以前にオーストリア人の友人にカレーを作ってあげた事があるのですが、皆さん食べ慣れていないのか辛すぎるといって殆ど食べる事ができませんでした。
そのカレー味の焼きそばは「ホット」ではないカレーなのでしょうか?
ちょっと、興味があります。

Posted by: Kino_San | September 20, 2012 09:06

Kino_San様、こんにちは。

早速のコメント、ありがとうございます。ご存じのようにウィーンにも「インド料理のレストラン」は存在しますが、日本ほどカレーは一般的ではありませんよね。そのため、「カレー風味」(いわゆるスパイシー)という感じだと思います。

日本でも、隠し味としてカレーパウダーを振りかけることがありますが、それに近いと思います。最も食べてみないと、何とも言えませんが。

Posted by: Feri | September 20, 2012 09:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Universitätsringへ看板の掛け替えが進行中 | Main | 速報 オペラ歌手の甲斐 栄次郎さんが写真集を出版しました »