« 家電製品に見るお国柄 光る掃除機 | Main | オーストリア航空が長距離路線のビジネスクラスを刷新 »

October 10, 2012

ショッピングセンターの募金箱

Img_105_08_4754_001

今日は「募金の話題」をお届けしましょう。

オーストリアは、募金が好きな国民が多い国だと思います。以前、このブログでもお伝えしたことがありますが、「倍々ゲーム」という風習があります。これは様々な募金活動の際、企業では従業員が自主的に集めた募金を所属企業に渡すと、企業で同じ金額を加えて寄付するというものです。つまり募金金額が倍になる‥という訳です。

また、クリスマスの次期には「闇に光を」という募金キャンペーンが始まります。この山場はクリスマスイブでORFが「募金番組」を生放送しており、電話受付センターに連絡が入った募金者の金額やお名前などがテロップでリアルタイムに紹介されます。

また、チャリティーを目的としたコンサートなどでは、ロビーで募金活動をしていると、募金するお客さまの行列ができることもあります。正直、これには驚きました。

Feriが夏に訪れるザルツブルク州の田舎にある町には立派な教会が2つあります。1つは町の中心部にあるのですが、もう一つは町を見下ろす山の中腹にあります。正直、徒歩で登ると結構、大変です。夏にはキルヒェンコンツェルトが開催される趣のある教会なのですが、如何せん、建立からかなりの年月が経っているため、痛みが激しくなっています。

Img_105_08_5014_001

キルヒェンコンツェルトも実は、この教会の修復費用を捻出するための活動らしいのですが、この街の中心部にある某ショッピングセンターへ行ったところ、募金箱が目に入りました。

募金箱はショッピングセンターの出入り口付近に設置されており、例の教会の修復費用を集めているようです。
どの程度、募金が集まるのかはわかりませんが、こういった日常的な場所に募金箱が置いてあるのがオーストリアらしいところですね。

こちらでは教会税という税金があり、住んでいる人は宗教・宗派に関係なく税金を徴収されます。そして、その地区の教会(必ずしもキリスト教の教会とは限りません)に交付されるようになっています。ただ、この交付金や信者の皆さんからの献金だけでは、教会そのものの修復工事には資金が足りないのでしょうね。

なお、山の中腹にある教会は、2010年から本格的な修復工事が始まり、現在も工事が続いていますが、かなりきれいになってきました。この街のシンボル的存在であるだけに、今後も修復工事が地道に続けられることでしょう。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 家電製品に見るお国柄 光る掃除機 | Main | オーストリア航空が長距離路線のビジネスクラスを刷新 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 家電製品に見るお国柄 光る掃除機 | Main | オーストリア航空が長距離路線のビジネスクラスを刷新 »