« 番外編 ウィーン国立歌劇場来日公演「小学生のためのオペラ魔笛」 | Main | シュヴェヒャート空港の壁画 »

October 28, 2012

ちゃんとしたプロモーションをやりましょうね

Img_107_10_6557_001

今日はオーストリアが誇るエナジードリンク「レッドブルの話題」をお届けしましょう。

最近は日本でもレッドブルの飲料を見かけるようになりました。当初はコンビニ限定みたいな雰囲気だったのですが、自動販売機などにも入るようになっているとか‥

最も日本ではレッドブルと言ってもエナジードリンクよりもスポンサーになっているF-1をはじめとするスポーツの方を頭に浮かべる方が多いかもしれませんね。

さらにレッドブルが「オーストリアの会社」というのをご存じの方はもっと少ないかもしれません。まぁ、レッドブルとしては、どこの国であるかよりも、商品が売れることの方が大切なのだとは思いますが‥

さて、先日、来日中のウィーン国立歌劇場公演「フィガロの結婚」を観るため横浜へ行きました。横浜は久しぶりに行ったのですが、まぁ、風景がすっかり変わってしまって戸惑いましたね。土曜日だったので「みなとみらい地区」も大賑わい。

Img_107_10_6557_002

先週末までは赤煉瓦地区でオクトーバーフェストなる催しをやっていたそうです(ミュンヘンのホフブロイハウスが飲めたとか‥)。てっきりオフィス街なのかと思ったら、実は高層マンションも結構建っていて、これまたビックリ。

Feriは、会場となっている神奈川県民ホールへ行くのにみなとみらい線という鉄道に乗ったのですが、駅の売店で面白いものを見つけました。それがレッドブルのプロモーションスタンドです。やっているんですねぇ。こういったスタンドを使ったプロモーションを‥

独特の雰囲気を持ったマンガは現地と一緒。ただ、台詞だけが日本語になっています。このマンガですが、日本人にはピンとこないことが多いのですが、これは、こちら(オーストリアなど)向けだからでしょうか。

Img_106_08_4810_001

で、その下にはプライスを表示するスペースがあったのですが、何とユーロ、ポンド、ドルの選択式。おいおい円はどうした! 日本のプロモーションなのに、肝心の円表示がないのですよ。恐らくヨーロッパバージョンのプロモーションスタンドをそのまま持ってきたためだと思うのですが、こういった詰めの甘さがオーストリアらしいところかもしれません。

Img_107_10_6679_001

ちなみにレッドブル エナジードリンクが日本に登場したのは2005年。日本への参入に当たっては、クラブやバーといった場所での販売から始めたそうです。その後、スーパーやGMSではなく、コンビニのセブン-イレブンに的を絞って展開しました。この販売チャネルの絞り込みが功を奏したという評価があるようです。

ちょっと調べたところ、あるコンビニチェーン1店当たり販売本数では、2011年の時点で日本を代表する栄養ドリンク「リポビタンD」に迫る勢いだそうです。

もしかしたらオーストリア製の飲料では、最も日本で売れている商品かもしれませんね。なお、最後の写真はレッドブルが運営しているザルツブルク空港内にある博物館「ハンガー7」に置いてある「牛のブロンズ像」です。かなり巨大な象で、シンボル的な存在です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 番外編 ウィーン国立歌劇場来日公演「小学生のためのオペラ魔笛」 | Main | シュヴェヒャート空港の壁画 »

Comments

私は、まだ一度も飲んだ事が無いのですが、
大学生の甥は、試験前やレポート作成の為の
徹夜の際には友人達も含めて、よく飲んでいる様です。
以前、街頭(六本木)で配布しているのを見た事があります。
表参道を走る宣伝カーを見た事もあります。
かなり目をひいていましたよ。
それから思うと、このスタンドは

Posted by: necchi | October 30, 2012 00:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 番外編 ウィーン国立歌劇場来日公演「小学生のためのオペラ魔笛」 | Main | シュヴェヒャート空港の壁画 »