« 楽しいレンタルバイクの広告塔 | Main | 百葉箱でしょうか? »

October 15, 2012

速報 オーストリアの超音速野郎 成層圏からのダイブに成功

Red_bull_stratos_001

10月7日に鈴鹿サーキットで行われたF-1日本グランプリでは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル選手が優勝。また、日本人の小林可夢偉選手が3位に入ったこともあり、盛り上がりましたね。ベッテル選手は14日の韓国グランプリでも連続優勝し、ドライバーズポイントでもトップに躍り出ました。後半になって調子が上がってきたレッドブルチームです。

さて、今日は、同じくレッドブルがスポンサーとなっているビッグプロジェクトRed Bull Stratosの話題です。このプロジェクトは成層圏から生身の人間(もちろん宇宙服のようなスーツを着ていますが‥)が地上までダイブしようという試みです。

以前、このブログでも準備中の模様をご紹介しましたが、オーストリアの超音速ダイブ野郎フェリックス・バウムガートナー(Felix Baumgartner)さんが挑戦者。ただ、気象条件(主に風)の関係で、チャレンジが順延されていました。

2012_10_stratos_002

今回のチャレンジは比較的気候が安定しているアメリカ・ニューメキシコ州のロズウェル(UFOで有名な場所ですね‥)を実験場にしているのですが、それでも完全に天候が整うのは難しかったようです。

今回のチャレンジでは、成層圏からダイブするフェリックス・バウムガートナーさんは宇宙船を思わせるカプセルに乗り、ヘリウムを充填した気球で超高層空間まで行くのですが、上空の強風が気球の飛行に影響を及ぼすようです。というのは、この気球、ヘリウムを充填すると高さが102メートルにもなる巨大なものだからです。

2012_10_stratos_001

すでに数回、チャレンジが延期されていましたが、10月14日、気象条件が整い、ついにチャレンジが行われ、世界最高高度36600メートルからのジャンプに成功しました。

しかし、宇宙服を思わせる特殊なスーツを身につけているとは言え、成層圏から生身の人間が超音速で地上へ向かって落下する訳ですから、大変なプロジェクトだったと思います。もちろん、ご本人に怪我などはなく、無事、地上に生還しています。

Red_bull_stratos_002

なお、公式な記録については、データーの分析が必要であるため、狙っていた「四つの世界記録」を破ることができたかどうかは、まだ発表されていません。現時点では、最長自由落下のレコードは破ることはできなかったようです。

ところで、このプロジェクトはメインスポンサーがオーストリアのレッドブルという訳だけではなく、実際に挑戦したフェリックス・バウムガートナーさんがオーストリア人というところにすばらしさがありますね。また、バウムガートナーさんは43歳というから、これまた驚き。日本流に言えば、「中年の星」とでも言うのでしょうか。

当然のことながら、こちらではマスコミも大々的に取り上げていますが、オーストリア大統領のハインツ•フィッシャー氏もFacebook経由で“素晴らしい業績を誇りに思っている”という祝辞を寄せているようです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ニュース |

« 楽しいレンタルバイクの広告塔 | Main | 百葉箱でしょうか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 楽しいレンタルバイクの広告塔 | Main | 百葉箱でしょうか? »