« シュヴェヒャート空港の壁画 | Main | スーパーマーケット四方山話 »

October 30, 2012

番外編 牽引型ベビーカーを日本で発見

Img_107_10_6706_001

今日は「ベビーカーの話題」をお届けしましょう。

このブログでは、時々、自転車関連の話題として、自転車に牽引するタイプのベビーカーをご紹介しています。リアカーのベビーカーバージョンで、ちゃんと屋根も付いており、安心して小さい子供さんを運ぶことができます。

通常、親御さんのサイクリング用といったイメージがあるのですが、実はウィーンでもよく見かけます。日常的に子供さんを運ぶ手段の1つとして定着しているようですね。日本では自転車に子供さん用の椅子を取り付けるパターンが多いですが、こちらの方が運転が大変そうです。最も牽引するのも、それなりにコツがいるようですが‥

Feriは日本では、こういった牽引型ベビーカーは見たことがなかったのですが、何とビックリ。福岡県で開催されていた某イベント会場で、使っているご家族を発見。一瞬、我が目を疑いました。

Img_1464_001

ただし、見かけたのは自転車につながっている状態ではなく、後ろ側に取っ手が取り付けられており、通常のベビーカーとして使っているようです。自転車牽引時に自動車などにベビーカーの存在を知らせるポールと旗もしっかりと付いています。懐かしい!! いるんですねぇ。これを使っている人が‥ ただ、通常、自転車に牽引させているのかどうかは、わかりませんが‥

どんな方が、これを使っているのか興味があったのですが、お子様が外国人のようだったので、もしかするとヨーロッパからお越しになったご家族(ご両親のどちからが日本人だと思いますが)だろうと思います。しかし、日本にも優秀なベビーカーが多数ある中、わざわざこれを持ってきて使っているというところに「こだわり」を感じますねぇ。

Img_100_03_0267_001

ちなみに、オーストリアで使うときは写真のように自転車の後ろに連結します。Feriは単独で使っている場面は見たことがありません。こちらでは一般的なベビーカーらしく、自転車などを扱っているショップでも普通に売っています。

お値段は色々あるようですが、写真のものは170ユーロくらいだったと思います。恐らくグレードによって、価格帯は分かれていると思いますが、買う予定がないので、詳しくは調べておりません。ご容赦を。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« シュヴェヒャート空港の壁画 | Main | スーパーマーケット四方山話 »

Comments

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

Posted by: 株を買う | October 30, 2012 21:00

The comments to this entry are closed.

« シュヴェヒャート空港の壁画 | Main | スーパーマーケット四方山話 »