« 変わったお店シリーズ66 楽しい田舎の金物屋さん | Main | 楽しいレンタルバイクの広告塔 »

October 13, 2012

ケータリングサービスのポータルサイト

Img_106_09_5695_001

14日からいよいよウィーン国立歌劇場来日公演が始まりますが、皆さまはお出かけになりますか? 「サロメ」を振る予定だったメストさんが怪我で、ペーター・シュナイダーさんに変更になるなど、波乱含みのスタートなのが気になりますが‥

さて、今日は「ケータリングサービスの話題」をお届けしましょう。

日本でも、色々なお料理の宅配サービスが行われていますね。伝統的な出前をはじめ、今では夕食用のおかずセットなどを毎日、宅配してくれるサービスも始まっているという話を聞きました。高齢化が進むと、こういったお料理の宅配サービスは需要がますます増えるかもしれませんね。

さて、こちらでも色々なケータリングサービスが行われていますが、その全容をつかむのは大変です。ところが、最近、ウィーンの市内、路面電車の停留所などに写真のような広告が出るようになりました。

Img_106_09_5696_001

ケータリングサービスの広告なのですが、こちらではポピュラーなピザに加えて、何と「SUSHI」の文字が‥ ついにSUSHIのケータリングサービスが始まったのでしょうか? で、さっそく気になったので、この広告に出ていたアドレスにアクセスしてみました。

すると、ケータリングサービスのポータルサイトであることがわかりました。

Lieferservice001

色々な検索方法が設定されていますが、代表的なのは自分の住んでいる住所を入力して、ケータリングをしてくれる店をピックアップする方法です。その他にも、希望する料理の種類から絞り込む方法も設定されています。

これを見ると、自分が住んでいる地域でどんな料理をケータリングしてもらえるかが一目でわかるので、便利ですね。しかも料金を比較することもできます。

興味深いのは、料金の支払いがクレジットカードになっている点でしょうか。日本では代金引換が多いですが、このあたり、考え方の違いかもしれません(クレジットカード払いならば、料金を回収できない‥ということはありませんからね)。

Lieferservice002

地域にもよりますが、やはりピザ系が圧倒的に多いですね。しかし、中華料理やSUSHIのケータリングも増えつつあるようです。ポータルサイトですが、ここからオーダーもできるような仕組みになっていました。

こちらではオフィスなどで、昼食をケータリングするケースがあるようですが、こういったポータルサイトができたことをみると家庭での需要もあるのでしょう。

しかし、こういったポータルサイトのコマーシャルにSUSHIが出てくるというのも、SUSHIがインターナショナルな料理に進化した証なのでしょうね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 変わったお店シリーズ66 楽しい田舎の金物屋さん | Main | 楽しいレンタルバイクの広告塔 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 変わったお店シリーズ66 楽しい田舎の金物屋さん | Main | 楽しいレンタルバイクの広告塔 »