« 謎の電気自動車 | Main | THE Vegetable ORCHESTRA‥って何? »

November 02, 2012

変わったお店シリーズ68 お茶屋さん

Img_103_06_3161_001

11月1日ですが日本では日本紅茶協会が1983年に制定した「紅茶の日」だそうです。これは、1791年11月1日、暴風雨のためロシアに漂着した大黒屋光太夫が、ロシアの当時の首都ペテルブルクで女帝エカテリーナの茶会に招かれ、日本人としては初めて紅茶を飲んだことにちなんだものだとか。

また、この日は「静岡市お茶の日」だそうです。こちらは「静岡市めざせ茶どころ日本一条例」に基づき、静岡茶の祖である葵区栃沢生まれの高僧「聖一国師」の生誕の日にちなんで制定されたとか。を静岡市「お茶の日」と定めたそうです。

という訳で11月最初の「変わったお店シリーズ」はお茶屋さんをご紹介しましょう。

Feriは基本的にカフェ党なので、オーストリアやウィーンでは茶葉を買うことはほとんどありません。また、日本にお住まいの方は、ウィーンではカフェ(昔は本当にウィンナコーヒーというのがあると思い込んでいましたね)が中心に飲まれている‥とお考えの方が多いかもしれません。

かく言うFeriも、今から30年前、オーストリへ行くまではお茶(テー)に関しては全く関心がありませんでした。

Img_103_06_3159_001

ところで、ホテルなどで朝食をとっていると、意外と紅茶をオーダーする人がいるので、ビックリした記憶があります。ホテルですから、外国から来たお客さま‥ということになるのですが‥ 

ちなみにFeriがよく使っていたホテルの場合、紅茶をオーダーするとティーポットにお湯を入れて、後は好みのお茶をティーバックでセレクトする‥というパターンでした。

そんなティーバックばかり見ていたためか、最初の頃はウィーンにお茶の専門店などはないだろう‥という先入観を持ってしまいました。が、その後、ウィーンに長期間滞在するようになり、仕事などでも街中を歩き回る機会が増えると、意外とお茶の専門店が存在していることに気づきました。

日本の場合、日本茶と紅茶や烏龍茶は別のジャンルになるのだと思うのですが、こちらでは、「お茶」というジャンルで括られるようです。つまりお茶屋さんは「茶葉の専門店」という位置づけになる訳ですね。

Img_103_06_2743_001

冒頭の写真は、皆さまもご存じかもしれません。国立歌劇場の向かいにあるお茶屋さんです。さすがに、このような専門店になると、ティーバックではなく、種類やブランドごとの茶葉を量り売りしています。

写真のようにショーウィンドウには日本茶の数々(左隣は中国茶ですが)。気になるお値段ですが、BANCHA(番茶)が5.5ユーロ、HAICHAが7.5ユーロ、FUKUJYU SENCHAが6.5ユーロ、SENCHA BIOが8.8ユーロ(BIO大好きのオーストリアらしいですね)、SENCHA SPEZIALが17.5ユーロなどとなっていました。

茶葉は湿気を嫌うと思うのですが、なぜかガラス製のボウルに入れて販売していますが、これで大丈夫なのでしょうかね。それとも販売用は別に用意してあるのでしょうか。ちょっと興味のあるところです。

Img_103_06_2745_001

もう一件はマリアヒルファーシュトラーセからちょっと入ったところに最近できたお茶屋さんです。入り口にかかっている看板がティーポットという、大変わかりやすいお店です。

入って調べた訳ではないのですが、ここはパックに入ったお茶を中心に扱っているようです。また、当然のことながら、茶器類も販売しています。こちらのお店の面白いところは、お茶請けも販売していることでしょうか。もちろん、お茶請けといっても、お煎餅や和菓子ではなく、チョコレートの類ですが‥お茶のある生活を楽しむトータルショップ‥というところでしょうかね。

今回は写真を載せませんでしたが、有名なチェーン店も含めて、注意していると意外とお茶屋さんを見つけることができます。

実際、お食事の際に、アルコールがダメな人はお茶を召し上がるケースもあるので、それなりに需要はありそうです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

変わったお店 |

« 謎の電気自動車 | Main | THE Vegetable ORCHESTRA‥って何? »

Comments

ウィーンはカフェのイメージが強いですが、お茶の専門店も結構ありますね。中心部だけでも以下のお店が目立ちます。
Haas & Haas (Srephansdomの裏)
Heissenberger (Kohlmarkt)
Der Teeladen (Stubentor近く)
Demmers (Karlskircheの裏)
Meinl(Graben)ではMichikoという紅茶もありますよ。

Posted by: Diana | November 05, 2012 at 11:43 PM

Diana様、コメント、ありがとうございます。

おっしゃるとおり、意外とお茶党がいるのですよね。やはり現地でないとわからないものです。

Posted by: Feri | November 06, 2012 at 10:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 謎の電気自動車 | Main | THE Vegetable ORCHESTRA‥って何? »