« 変わったお店シリーズ71 コンテナハウスのたばこ屋さん | Main | ノイジードラーゼー名物?? »

November 24, 2012

謎のピクトグラム 公園の新バージョン

Img_103_06_2169_001b

今日は久しぶりに「ピクトグラムの話題」をお届けしましょう。

ピクトグラムは利用者への認知・注意が目的なので、頻繁にデザインを変えないのが一般的だと思います。とは、言っても時々、新しいデザインに変わることもあります。今日、ご紹介するのは皆さまもご存じのインナーシュタットの名所フォルクスガルテンで見かけたものです。

通常は各種の注意が縦に並んでいるのですが、こちらは円形にまとめられており、ピクトグラムも全て円形。円の中央には公園を管轄する「Bundes Garten」のロゴが入っています。

ウィーンの場合、通常の公園はウィーン市(UNSERE GÄRTEN)が管理しているので、ピクトグラムのデザインが違うのも管理する団体が異なることが関係しているのかもしれません。ちなみに2枚目の写真がウィーン市管轄の公園で使われているピクトグラムです。

Img_103_06_2468_001

中身は一般的なものですね。12時のところの「犬の連れ込み禁止」から時計回りに「ゴミはゴミ箱へ」、「芝生内立入禁止」、「自転車乗り入れ禁止」、「キャンプ禁止」、「たき火禁止」、「ボール遊び禁止」というというところでしょうか。ただ、微妙にデザインが異なっているところに、変なこだわり(縄張り意識かな?)があるのでしょうかね。

ウィーンでは通常の公園でも、犬を連れてきてよいところは明確に区分されているので、「犬の連れ込み禁止」は一般的なピクトグラムです。ただ、面白いのは、ピクトグラムの犬ですが、ちゃんと口輪をしているのですよ。でも、時々、リートを付けて犬の散歩をしている人は見かけることがありますが‥

Img_103_06_2171_001

また、キャンプ禁止やたき火禁止がでているとこをみると、かつてやった強者がいるのでしょうね。

フォルクスガルテンはバラが見事ですよね。毎年、6月位になると一斉に花が咲きます。そのため、丹精込めて手入れをしている光景をよく見かけます。

とくにフォルクスガルテンのバラは、別の場所で生育したものを移植するのではなく、通年、この場所で栽培しています。ですから、冬はちゃんとムシロで覆っていますよね。

無料で利用できる公園だけに、皆さんがマナーを守ってくれないと、運営が難しいかもしれません。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ピクトグラム |

« 変わったお店シリーズ71 コンテナハウスのたばこ屋さん | Main | ノイジードラーゼー名物?? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 変わったお店シリーズ71 コンテナハウスのたばこ屋さん | Main | ノイジードラーゼー名物?? »