« どちらが本家? フンデルト・ヴァッサーの清掃工場 | Main | 変わったお店シリーズ69 アートか、やり過ぎか? »

November 08, 2012

人気のキティちゃんグッズ色々

Img_105_08_4165_001

先日のウィーン国立歌劇場千秋楽のレポートは、大勢の皆さまにアクセスいただきました。ありがとうございます。グルベローヴァさん、様々です。

さて、今日は「日本が誇るキャラクターグッズの話題」です。オーストリア全土に普及している日本発のキャラクターは「ハロー・キティ」でしょうね。

このブログでも時々紹介していますが、キティちゃんをデザインしたケーキなども発売されているくらいですから‥
トップの写真はシュヴェヒャート空港の新ターミナルにあるファンシーショップですが、入り口にハロー・キティ専用のディスプレイが設置されています。

Img_111_05_8242_001

このお店は到着ターミナルにありますが、制限エリア内のショップでもハロー・キティグッズを売っていますから、人気の高さがうかがわれますね。「ウィーンみやげ」にハロー・キティ‥というのはちょっと微妙ですが、女の子の物欲を誘うことは間違いありません。

ハロー・キティが普及している要因の一つが、文房具などの実用品にイラストが描かれている商品が多数販売されていることだと思います。そのため、いわゆるファンシーショップやおもちゃ屋さんだけではなく、文具店などでも販売されているため、地方の小さな町でもハロー・キティをよく見かけます。

Img_105_08_4413_001

2枚目の写真はウィーン市内の文具店ですが、ハロー・キティーのイラストが入った文房具が沢山並んでいますね。

そして、3枚目の写真は、Feriが夏に滞在しているザルツブルク州の某町の文具店です。ディズニーのキャラクターと並んでハロー・キティのバッグが堂々と展示されています。こういった地方にまで進出している日本のキャラクターというのは珍しいと思います。

ハロー・キティのすごいところは、テレビや映画とのタイアップ企画ではなく、単独のキャラクターとして世界各国(70か国以上だそうです)で親しまれていることでしょうね。この点が、アメリカン・コミックやディズニーのキャラクターと違うところかもしれません。

Img_108_11_6842_001

最後の写真はオマケ。台湾のエバー航空が運航しているハロー・キティジェットのA330型機です。日本の航空会社ではなく、海外の航空会社が日本発のキャラクターをまとって飛んでいるというのが、何とも不思議な気がします。

ところで、日本では、ご当地デザインのキティ(御当地キティ、地域限定キティ)が販売されていますが、海外では見かけないようです。せっかくだから、オーストリアバージョンのキティ)などを発売したら、ヒットしそうな気がするのですが、どうでしょうね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グッズ |

« どちらが本家? フンデルト・ヴァッサーの清掃工場 | Main | 変わったお店シリーズ69 アートか、やり過ぎか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« どちらが本家? フンデルト・ヴァッサーの清掃工場 | Main | 変わったお店シリーズ69 アートか、やり過ぎか? »