« アイデア勝負! 広告自転車あれこれ | Main | 高速道路の走り方に見るお国柄 »

November 21, 2012

Wiener Linienの鉄道建設ゲーム

Img_103_06_2263_001

今日は、「ちょっと変わったゲームの話題」をお伝えしましょう。

Wiener Linienの案内所では、路線や時刻の案内だけではなく、各種鉄道グッズも販売しています。路面電車や地下鉄、バスの模型をはじめ、Wiener Linien関係の書籍など色々なものを販売しています。

ちょっと前になるのですが、久しぶりに案内所のショーウィンドウをのぞいたところ「B63 BahnbauSPIEL」という名称の新製品を販売していました。

Feriは実際に買った訳ではないので、詳細はよくわからないのですが、どうやらウィーンを舞台にした鉄道建設ゲームのようです。

ゲームを楽しみながら、Wiener Linienのネットワークを学ぶことができるようになっているそうですが、カードにどんなメッセージが書かれているのか、気になりますねぇ。用地買収、資金調達、住民の反対などがあるのでしょうか?

Bahnbauspiel001

日本でも「A列車で行こう」というパソコン用鉄道建設シミュレーションゲームがありますが、これに似ているのかもしれませんね。ただ、こちらはボードゲームなので、「人生ゲーム」のような感じかもしれません。なお、お値段は15ユーロです。パッケージに工事用ヘルメットが描かれているのがいいですね。

ところで、鉄道建設ゲームではありませんが、かつてドイツ国鉄(DB)の都市間特急、インターシティ・ネットワークをテーマにしたボードゲームが発売されていました。やはり途中で色々なエピソードが書かれたカードを引いてゲームを進めるもので、トラブルを乗り越えて最終的に目的地に早く到着したプレイヤーが勝ち‥というものです。

さて、この「B63 BahnbauSPIEL」ですが、売れ行きはいかがでしょうかね。クリスマスプレゼントには最適かもしれません。

ただ、説明は全てドイツ語で書かれていますから、仮に購入しても、まずはカードのメッセージを翻訳してからでないとゲームを楽しむことはできませんね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ゲーム |

« アイデア勝負! 広告自転車あれこれ | Main | 高速道路の走り方に見るお国柄 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アイデア勝負! 広告自転車あれこれ | Main | 高速道路の走り方に見るお国柄 »