« 謎のピクトグラムシリーズ 「子供さん向け」もあります | Main | ホテルの屋根裏部屋アラカルト(その1) »

December 03, 2012

オペレッタファン 涙目‥さようなら「微笑みの国」

2013_01_vop

今日は「ちょっと残念な話題」です。

昨シーズンあたりから、フォルクスオーパーでは特定の公演で人気が出ると、スケジュールを変更して、演目を入れ替えるということが頻繁に行われるようになりました。

昨年、ヒットしたのはバレエの「カルミナブラーナ」です。まぁ、確かに面白いバレエではあるのですが、そのお陰でFeriが楽しみにしていたオペレッタがぶっ飛んだのはショックでした。

で、2012/13シーズンも心配だったのですが、それが現実に‥

10月27日にプルミエを迎えたミュージカル「キスミー、ケイト」ですが、結構、人気が高く、フォルクスオーパーには珍しく良い席から売れています。まぁ、公演がヒットするのはFeriとしても嬉しいのですが、2013年1月のチケット発売を前にプログラムをチェックしていたら、なぜか1月は上演される予定がなかった「キスミー、ケイト」が月末に入っています。

Kate1_klein

もしや‥ そう、Feriが楽しみにしていた「微笑みの国」がすっ飛んでしまい、そこへ「キスミー、ケイト」が割り込んできたのです。ガーン、ショック。マイヤーさーん。

今回はチケット発売前に公演変更がわかったのが不幸中の幸いですが、こういうのは困るのですよねぇ。

今シーズンの「微笑みの国」はスー・ホン皇太子にRamon Vargasを起用することを前面に打ち出した公演だったので楽しみにしていたのですがね‥なお、2012/13シーズンの「微笑みの国」は1月26日、30日、2月2日の3公演だけでしたが、全公演がキャンセルになりました。

Adventkalender_2012_vop_2

フォルクスオーパーの場合、カバー(代役さん)が薄いので、「微笑みの国」の出演予定者に何らかのトラブルがあった可能性も考えられますので、一方的に劇場を非難する気はないのですが、オペレッタファンのFeriとしては、“涙目”weep

なお、3月23日の「こうもり」も「外套/ジャンニスキッキ」に代わっています。「オペレッタ冬の時代」でしょうかねぇ?

さて、人気の「キスミー、ケイト」はやっとチケットが確保できたので、近日中にレポートをお届けできると思います。

ところで、12月2日のアドベントスタートに合わせて、フォルクスオーパーのWebサイトがアドベントカレンダーに変わりました。日付をクリックすると、特別オファーのご案内が出る仕組み(劇場からのクリスマスプレゼントですね)。昨日、12月2日は「ヘンゼルとグレーテル」のペアチケットの割引が出ていました。日にち限定ですが、なかなか楽しい企画なので、皆さまも、ぜひ一度、ご覧ください。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_v_02

オペレッタ |

« 謎のピクトグラムシリーズ 「子供さん向け」もあります | Main | ホテルの屋根裏部屋アラカルト(その1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 謎のピクトグラムシリーズ 「子供さん向け」もあります | Main | ホテルの屋根裏部屋アラカルト(その1) »