« 人力メリーゴーラウンドはいかが?<動画jを付けました> | Main | 路面電車の運行系統がちょっと変わりました »

December 10, 2012

ウィーン中央駅が暫定開業しました

Img_100_12_0481_001

ウィーン南駅と周辺の車両基地を解体し、その跡地に建設中だったウィーン中央駅(Wein Hauptbahnhof)が12月9日、暫定開業しました。

Feriは、中央駅の開業に合わせて大規模なダイヤ改正が行われると思っていたのですが、実際にはザルツブルク方面の幹線ルートであるSt.Pöltenまでの高速新線の運用が全面的に開始されていないため、今回は西方面、南方面の長距離列車は中央駅発着とはなりませんでした。

現在、ÖBBではLainzer TunnelとWienervald Tunnelを経由して、新駅Tullnerfeldを結ぶ短絡線を建設中で、これが使用できるようになると中央駅からSt.Pöltenまでの所要時間が、従来より16分短縮され、25分で結ばれるそうです。

なお、12月9日からWienervald Tunnelは、使用を開始しました(Lainzer Tunnelは、まだ)。この結果、西駅を発着するjailjet、ÖBB-IC、REX200(Wien-Amstetten間)などは、Wienervald Tunnel経由となり、St.Pöltenまでの所要時間も短縮されています。

ウィーン市内のLainzer Tunnelの使用が開始されると、中央駅からSt.Pöltenまで、一気に行くことができるようになります。

Img_100_12_0479_001

では、12月9日から営業を開始した中央駅にどんな列車が発着しているかというとブラチスラバ方面(東鉄道)と、運行系等の見直しが行われたSバーンという、ちょっと寂しい中央駅開業となりました。余談ですが、初営業列車はウィーン中央駅の初列車は4時46分のS80の列車だったそうです(Feriは寝てました)。

2012_12_wienhbf_001

Sバーンに関しては、Wiener Neustadt方面を結んでいたS5/S6が統合されてS80(Weinner Neustadt-PottendorferLinie-Wien Hbf-Hirschstetten)に、Bruck方面を結んでいたS60も中央駅乗り入れるようになります。

Feriは開業初日の昼前に行ってみましたが、新しもの好きのウィーン子が、結構、見物に来ていましたね。

2012_12_wienhbf_003

車寄せのある立派な玄関の上にはÖBBのロゴだけ。そう、ウィーン中央駅(Wein Hauptbahnhof)という駅名表示がないのです。駅名表示はプラットホーム上のプレートにはありますが‥

まず、駅設備ですが、今回、使用を開始したのは地上の島式プラットホーム2本、4線(9番線から12番線)です。このほか、従来から使用されている地下のSバーン駅(1番線と2番線)があります。

Img_100_12_0516_001

駅は高架式となっているため、駅設備は高架下に設置されています。Feriはてっきり、高架下の駅設備は完成しているものだと思っていたのですが、何と待合室が出来上がっているだけ。

この待合室の設備ですが、公衆電話と、なぜか証明写真撮影機(ビルトインタイプだったので、最初から作ってしまったのでしょうが)があるだけでした。もっともプラットホーム上には、飲料などを販売する自動販売機は設置されています。

Img_100_12_0469_001


Img_100_12_0473_001

キップ売り場も暫定的なもので、ショップはタバコ屋(マガジンストアを兼ねていますが)とベッカライチェーン・アンカーの売店だけ。そう、飲食店はゼロなのですよ。それから喫煙大国オーストリアにしては珍しく駅構内は全面禁煙。喫煙ブースもなく、「駅の外」に喫煙場所(灰皿)が設置されているだけなのでご注意を。

日本の場合、最近では、駅の改装や新駅開業となると、鉄道の設備より流行の「駅ナカ」に力を入れて、ここでがっぽり稼ぐ‥という図式が多いのですが、完全に肩すかし‥西駅がBahnHofCityというショッピングモールを併設して、賑わっているのとは対照的です。

Img_100_12_0504_001

もちろん、将来的には駅の両側に巨大なビルディングが建設されることになっていますが、現在の設備では、とても長距離列車の発着はできませんね。Feriは、当面、高架下に商業施設を入れると思っていたので、ちょっとこれは意外でした。左の写真は、唯一の飲食店アンカーの売店です。

Img_100_12_0583_001

以前、南駅が廃止されマイドリンク(Meidling)にグラーツ方面の優等列車が発着するようになった時には、マイドリンク駅を大規模に改修し、それなりの設備にしたのとは対照的です。中央駅の開業初日にしては、大きなセレモニーもなく、何となく寂しいスタートになりました。

Img_100_12_0585_001

プラットホームにも上がってみましたが、まずホームが長いのに驚かされます。完全な直線なので、余計長く感じますね。また、屋根が高いため、非常に広々としている印象があります。

ただ、屋根が高いのは良いのですが、幅が狭い(車両の上まできていません)ため、風が吹くと雨や雪がホームに舞い込むと思います。12月9日は快晴だったので、その心配はありませんでしたが、デザイン優先の弊害ですね。ドイツの中央駅のようにドーム上にしてしまった方が利便性が良いのですがねぇ‥

Img_100_12_0485_001

この長いホームを利用しているのが、ブラチスラバ方面の快速でも6両編成程度。Sバーンに至っては3両か、6両。完全にもてあましてしまっています。

気になる市内へのアクセスですが、路面電車のD系統が延長されて中央駅の高架下まで乗り入れています。これが一番便利。写真はD系統の路線延伸を祈念して運転されたオールドタイマーによる臨時列車です。こんな風情のある電車が、毎日、走っている訳ではありませんので、ご注意を。

Img_100_12_0467_001

後は、現在は、いったん表に出てから回り込むことになりますが、シュドチロラープラッツ(Südtiroler Platz)駅から地下鉄のU1を使うことになります。なお、シュドチロラープラッツという駅名は残っていますが、ウィーン中央駅(Wien Hauputbahnhof)という名称も並記されています。写真はU1の駅名表示です。

Img_100_12_0510_001

正直、何でこの程度で開業したのかが全く不明。今までのSüdbahnhof(OST)で、今しばらく営業しても良かったと思うのですがねぇ? なお、Südbahnhof(OST)に関しては、12月8日をもって営業中止となりました。当然、8日は鉄道ファンなどの姿が結構見られましたね。

なお、ウィーン中央駅の開業に伴って路面電車の運転系統が変更されていますが、これについては、明日、お届けしましょう。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« 人力メリーゴーラウンドはいかが?<動画jを付けました> | Main | 路面電車の運行系統がちょっと変わりました »

Comments

9月末、こちらのブログでチェックしていて出かけた
《Bahnorama》から工事中の状況を見てきた時には、
まだまだという感じだったので、
開業のニュースを聞いて欲しいびっくりしていたのですが、
本当に暫定的な開業なんですね。


Posted by: necchi | December 11, 2012 17:12

9月末、こちらのブログでチェックしていて出かけた
《Bahnorama》から工事中の状況を見てきた時には、
まだまだという感じだったので、
開業のニュースを聞いてびっくりしていたのですが、
本当に暫定的な開業なんですね。


Posted by: | December 11, 2012 17:19

お久しぶりです。中央駅開業で、レイルジェット等の長距離列車系がやって来るのでは?と思ったのですが、暫定開業故に、今回は近距離系が主だった様ですね。全面開業すると思われる2015年?の冬ダイヤ改正あたりに期待でしょうか・・・
駅周辺もまだまだ建設途上ですし、全面開業の頃にはどう変わっていくのか、お楽しみはまだまだこれからの様です。

Posted by: おざきとしふみ | December 12, 2012 00:42

皆さま、コメント、ありがとうございます。

その後、よく考えたところ、周辺の付帯施設を本格的に建設するためには暫定的に使用していた南駅が邪魔になる‥というのが背景にあるような気がしてきました。

また、ホームも2面4線では、対応できる列車の数も限られますからね。

Posted by: Feri | December 12, 2012 01:34

2011年夏と2012年夏に行ったけど、3年もかけて何をやっているのかと言いたい。予算がないのに手をつけたっぽいなあ。これじゃあEUから脱落すんぞ。

Posted by: | June 10, 2013 01:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 人力メリーゴーラウンドはいかが?<動画jを付けました> | Main | 路面電車の運行系統がちょっと変わりました »