« ローナッハ劇場「SisterAct」 | Main | 今シーズンのフォルクスオーパー「ヘンゼルとグレーテル」 »

December 27, 2012

モスクワで「こうもり」上演 おや、見覚えのある顔が‥

Img_100_12_2145_001

今日は「ちょっと変わったオペレッタの話題」をお伝えしましょう。

12月24日のORFニュースで、モスクワにあるチャイコフスキー音楽院大ホールで、12月23日・24日に両日、オペレッタ「こうもり」が上演されたという話題を紹介していました。

ロシアで上演するオペレッタ。お客さまの反応はどうなのでしょうね。ちなみにロシア語上演だったそうです。もっともボリショイ劇場などでも、時々、地元のキャストを使って「こうもり」を上演しているようですが‥

Img_100_12_2148_001

今回の上演に際しては、ウィーンからもソリストなどが参加したそうです。ちなみにフロシュにMichael Danglさんが出演したようで、ニュースでは彼のインタビューも紹介されていました。

また、画像を見たら、アルフレートにVincent Schirrmacherさんらしき人物が‥何人かフォルクスオーパーからも客演していたようですね。

Img_100_12_2150_001

テレビのレポートを見ると、劇場はオーケストラピットを持つ歌劇場ではないため、指揮者をはじめとするオーケストラは舞台上に陣取り、演奏。その右側で歌手陣がお芝居をするという、ちょっと変わったスタイルで上演されていました。コンサート形式に近いイメージですが、映像を見る限り、お芝居もしっかりやっていましたね。

Img_100_12_2152_001

それにしても、ロシア亡命貴族のオルロフスキーなどは、どんな感じだったのでしょうね。ニュースの短いレポートでしたから、詳細はわかりませんが、ちょっと興味のある公演内容でした。

ところで、フォルクスオーパーが、今年、「ワルツの夢」のプルミエを前にMQの中庭で、フラッシュモブを行っています。最近、街中で突然、楽器を持った人が集まって演奏するフラッシュモブが流行っていますが、フォルクスオーパーでもやっていたのですね。

フォルクスオーパー自身がYouTubeで動画を紹介していますので、ぜひ、ご覧ください。ウィーンらしい演出を楽しむことができます。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_v_02

オペレッタ |

« ローナッハ劇場「SisterAct」 | Main | 今シーズンのフォルクスオーパー「ヘンゼルとグレーテル」 »

Comments

Feriさま
毎日新しいトピックのアップロード大変ですね。いつも真っ先に拝読しております。現在はずーっとオーストリアにご滞在ですか? さて、モスクワにはれっきとした国立オペレッタ劇場があり、毎晩オペレッタやミュージカルを上演しています。私は30数年前「メリーウイドウ」(ロシア語)を観ましたがソヴィエト時代でもカンカン(まがい)がちゃんとありました。現在のレパートリーにも「こうもり」、「メリーウイドウ」、また意外にカールマンの作品が多く「チャールダーシュの女王」「伯爵令嬢マリッツァ」の他ドイツ語圏でもめったにやらない「モンマルトルの菫」「ミスターX(これは何?)」など入っているようです。ロシア語が分かれば観に行くところですが。今回のORF取材はチャイコフスキーホールでやったからでしょうか? 今年はVolksoper東京公演があったのと、種々事情があり、欧州には行けませんでした。来年はいい演目があれば行ってみようかという気持ちではいるのですが。またいろいろなニュースをお聞かせいただければ幸甚です。

Posted by: Njegus | December 27, 2012 at 04:37 PM

Njegus様、ご愛読、ありがとうございます。

また、コメントおよび情報提供、ありがとうございました。なぜ、ORFのニュースで紹介されたのかは、よくわからないのですが、Michael Danglさんをはじめウィーンの方が客演されたからでしょうね。

2012/13シーズンの締めくくりは「ルーナ夫人」のプルミエがありますが、これは注目ですね。

Posted by: Feri | December 27, 2012 at 10:04 PM

Feriさま
再度恐縮です。モスクワオペレッタ劇場カールマンの「ミスターX]とはDie Zirkusprinzessinの主役の別名のようですね。この作品は2011年Operettensommer Kufsteinで上演されたようです。Operettensommer Kufsteinは私まだ行ったことがないのですが、どんなものでしょうかね? なお、2013年の演目は「小鳥売り」のようですね。(小鳥売りは、2009年Volksoperで観ました)蛇足大変失礼致しました。

Posted by: Njegus | December 29, 2012 at 02:23 PM

Njegus様、こんにちは。

情報提供、ありがとうございます。Kufsteinは「夏のオペレッタ」が始まる前は、良く訪問していたお気に入りの場所です。

皮肉なことにオペレッタが始まってからは、ご無沙汰ですが‥

Posted by: Feri | December 29, 2012 at 09:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ローナッハ劇場「SisterAct」 | Main | 今シーズンのフォルクスオーパー「ヘンゼルとグレーテル」 »