« ホイリゲにサンタがやって来た(動画付き) | Main | ウィーン中央駅が暫定開業しました »

December 09, 2012

人力メリーゴーラウンドはいかが?<動画jを付けました>

Img_100_12_0179_001

今日、12月9日、ウィーン中央駅が暫定開業します。これに伴って路面電車の運行系統も若干、変更されます。この話題については、近々、お届けする予定です。

さて、今日はカールスプラッツのクリスマス市で見つけた「面白い遊具の話題」をお届けしましょう。

カースルプラッツのクリスマス市は、他のエリアと異なり、個性的なショップが軒を連ねているのが特徴です。いわゆる伝統的なクリスマス市というより、アーティスティックな商品を扱うお店が多いですね。もちろん、グリュワインなどを販売するお店はありますが‥

そういう意味では、よそでは手に入らない一風変わったグッズが並んでいるので、ファンも多いようです。

Img_100_12_0180_001

先日、待ち合わせの時間よりも早めに国立歌劇場の前に到着してしまったので、カールスプラッツのクリスマス市まで足を伸ばしてみました。

そこで見つけたのが、写真のようなメリーゴーラウンドです。なにやらゴチャゴチャしていますが、いわゆる廃品を加工して作ったメリーゴーラウンドなのですよ。

動力は人力。2台の自転車(実際は後輪の部分のみ)で路面を蹴って回るというものです。また、メリーゴーラウンド内の「乗り物」も廃品を上手に加工して、船や飛行機などを作っていました。

Img_100_12_0181_001

単なる遊具というより、廃品を使った芸術作品といった趣です。しかし、ちゃんと有料で乗ることができるようになっているのが、ご愛敬。料金は1人2.5ユーロ。5人だと10ユーロだそうです。

実際に乗っている人を見たかったのですが、如何せん、回すためには動力となる人が必要。自ら志願して動力になる人物が表れない限り、回らないメリーゴーラウンドになってしまいます。でも、寒い時期、自転車を必死に漕げば、暖かくなるかもしれませんね。ところで、チケット売場のおじさんが制作者らしく、手入れに余念がありませんでした。

その後、週末に友人と会うためにカールスプラッツを通りかかったので、例の「人力メリーゴーラウンド」を見てきました。さすがに週末だけあって、家族連れなどで大賑わい。

やはり子供さんのために、お父さんが一肌脱いで「動力」になる姿が見られました。もちろん、係員もサポーとしていましたが‥で、回り出してしまうと意外とスムーズに動いていました。人力なので、漕ぐ人、次第でスピードは変わります。そのため、まわりで見ているご家族が盛り上がること。動画で、その模様をお楽しみください。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

12_banner_snowman_1


街角の話題 |

« ホイリゲにサンタがやって来た(動画付き) | Main | ウィーン中央駅が暫定開業しました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ホイリゲにサンタがやって来た(動画付き) | Main | ウィーン中央駅が暫定開業しました »