« 立ち見も、また楽し‥ | Main | ライカストアがオープンしました »

January 07, 2013

リニューアル工事が進むカールスプラッツ地下通路の近況

Img_100_12_0163_001

今日は「カールスプラッツ地下通路の話題」をお届けしましょう。

昨年12月9日に暫定開業したÖBBのウィーン中央駅ですが、本開業時に市内へのアクセスとなるのが地下鉄U1系統です。現在は中央駅の工事が途中なので、ÖBBと地下鉄の乗り換えは不便ですが、工事が完成するとスムーズな乗り換えが実現する予定です。

ここで、これに合わせて地下鉄U1、U2、U4が集まるカールスプラッツ地下通路と駅のリニューアル工事が進められています。

昨年、12月の時点ではオパーリンク側にあるU1の改札口が新しくなり、幅も広くなりました。以前、この場所にはテイクアウトの寿司屋さんと小さなベッカライがあったので、覚えている方も多いと思います。

Img_100_12_0162_001

オパーリンクの地下とカールスプラッツを結ぶ地下通路は、今まで小さなショッピングモールになっていましたが、通路の幅を広げるため、一部の店舗はなくなっています。民族衣装なども取り扱っていた用品店は、地下の別の場所へ移転して営業を始めています。

通路については、まだ工事中で一部は養生シートで覆われていますが、完成している部分は鏡をはめ込んだ壁になっています。洒落たデザインですが、イタズラが心配‥

通路を広げる理由は、中央駅の本開業にともなってカールスプラッツ駅での乗り換えなどが増えることを想定しているものと思われます。
この地下通路の床には「音楽家の手形」を埋め込んだモニュメントがあったのですが、とりあえず、今のところは残っています。ただ、歩道の改装に合わせて撤去してしまったケルントナーシュトラーセの例がありますから、こちらも最終的にはどうなるか不明‥

Img_100_12_0164_001

一方、カールスプラッツ側にあったWiener Linienの案内所もリニューアルされました。場所はU2・U4の改札口前なのでリニューアル同じですが、かなり広くなっており、多くのお客さまに対応できるようになっています(もちろん職員が配置されれば‥ですが)。なお、カールスプラッツ側にあるマクドナルドとスターバックスコーヒーは、ちゃんと営業しているのでご安心を‥

ところで、オパーリンクとカールスプラッツを結ぶ地下道は、今まで深夜になると怪しげな人物が徘徊していて、ちょっと治安が心配だったのですが、リニューアルが完成し、明るくなることで治安が良くなることを期待したいところです。

気になる完成予定ですが、当局からは「2013年の春」と発表されていますが、間に合うかどうかは、オーストリアなので微妙な感じがしますね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 立ち見も、また楽し‥ | Main | ライカストアがオープンしました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 立ち見も、また楽し‥ | Main | ライカストアがオープンしました »