« 市内交通回数券 | Main | 冷凍食品あれこれ(その1) »

January 11, 2013

街頭体重計 ついに使用中の写真撮影に成功

Img_100_12_1221_002

今日は「ウィーンの七不思議(とFeriが勝手に命名した)街頭体重計」の話題です。

ウィーンへお越しになった方は、大げさですが、街頭の至る所に有料の体重計が設置されているのを目にしたことがあると思います。

昔ながらの機械式で、別に体重を量っても記録が印字されて出てくる訳でもありません。単に数字を見るだけ‥

Feriが今から30年以上前、初めてウィーンに行った時から街角に鎮座していた体重計。当然、機械ものですから、世代交代を繰り返しながら今日に至っていると思います。

実は、この街頭体重計ですが、「最大の危機」(相変わらず大げさ)は、通貨がシリングからユーロに切り替わった時だと思います。何しろ、対応する通貨を変えるというのは、非常に費用がかかります。運営している会社がきっとあるのだと思うのですが、これを機会に廃止してしまおう‥と考えてもおかしくありません。しかし、そういった危機を乗り越えて、現在も1回20シリングで運用されています。何としぶとい街頭体重計。

Img_100_12_2261_001

実は、お金を払ってまで街頭で体重を量る人がいるのか‥というのが最大のナゾ。しかし、ユーロ対応にしてまで残すぐらいですから、商売として成り立っているのでしょう。とは言っても使用しているところを見るのは希ですね。

さて、昨年12月のアドベント期間中、たまたま所用があってショッテントーアまで行った時、若者の歓声が聞こえてきました。ふと、その方向を見ると、ウィーン大学横に設置してある街頭体重計を使っている2人連れのお兄さんを発見。ついに 写真撮影に成功 しました(何か希少動物みたいですが‥)。

どうも彼女も連れたイタリア人らしきグループのようで、その一人が、面白がって街頭体重計を使ったようです。会話の内容は聴くことはできませんでしたが、一緒にいたお兄さんとハイテンションで盛り上がっていました。20セント(現在のレートだと30円くらいでしょうかね)なので、若者グループが遊び半分で利用するケースが多いのかもしれません。

そう言えば、Feriが子供の頃に通っていた「日本の銭湯」にも体重計(こちらは無料ですが)があって、風呂上がりに体重を量っていたことを思い出しました。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 市内交通回数券 | Main | 冷凍食品あれこれ(その1) »

Comments

昨年12月にウィーンへ友達と3人で行きました。
その時、友達が体重計に乗りましたよ!

Posted by: りん | January 11, 2013 12:09

りん様、体験情報、ありがとうございます。やはり盛り上がりましたか?

Posted by: Feri | January 11, 2013 18:05

こんばんは。
この街頭有料体重計、先日カールスプラッツ駅の出口付近で発見しましたが、オペラ座へ急いでいたのでそのまま素通りしてしまいました…
実に謎で、面白そうなマシンですね(笑)
今度ウィーンに行ったときは是非、自分で乗って試してみたいと思います。

Posted by: mitsuto1976 | January 11, 2013 20:34

mitsuto1976様

コメント、ありがとうございます。クラシックな機械式体重計‥面白いですよね。

Posted by: Feri | January 12, 2013 07:27

有料体重計、当たり前なんですけど、一度降りてしまうと戻らないんですよね20セントで2人計ろう!なんて厚かましく考えた私たちがおかしいのだけど!!
おまけにモコモコ着てるし、観光途中だから荷物持ってるし、当然なんですが、なんだか凄く重たかったです
でもちゃんと計れたので、みなさんもどうぞお試しを!!
盛り上がった私たちを横目で見ていく地元の人たち・・・なんとなく笑ってました

Posted by: りん | January 15, 2013 12:23

りん様、体験記、感謝。

>盛り上がった私たちを横目で見ていく地元の人たち・・・なんとなく笑ってました

そうそう、この感覚ですね。Feriもそんな感じでした。

Posted by: Feri | January 15, 2013 15:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 市内交通回数券 | Main | 冷凍食品あれこれ(その1) »