« 粗大ゴミはミストプラッツへ | Main | 立ち見も、また楽し‥ »

January 05, 2013

「ドアにご注意!」が増えました(オマケ付き)

Img_100_12_0269_001

今日は「ウィーンの市内交通にまつわるお話」です。

以前、このブログで地下鉄の在来車両にドア閉め時、LED照明と音で警告をするようになったという話題をご紹介したことがあります。

最近、この装備を付けた地下鉄車両(在来車)が急速に増えており、ほとんどの車両に設置されているようです(調べた訳ではありませんが‥)。のんびりしているウィーンにしては珍しく、気合いの入った改良工事になっています。

ドアが閉まる際、ピー、ピーとうるさいので、耳障りなのですが、これも仕方がないのでしょうかね。

Img_100_12_0267_001

この装備、従来は地下鉄の在来車両だけだったのですが、最近、新型路面電車ULFの一部にも取り付けられるようになりました。こちらは数が少ないようですが、初期に製造されたULF(エアコンがついていないタイプ)の設備更新の一環として取り付けられたようです。警告音も含めて感じは地下鉄のものと同じです。

なお、合わせて客室内に液晶ディスプレイによる案内表示器(広告がメインですが)が取り付けられています。一時、地下鉄でも、この液晶ディスプレイ設置が行われていたのですが、こちらについては、余り普及していません。路面電車の方では、どうなるのかはわかりませんが、色々と手を加えていることは間違いなさそうです。

それから一部のバスにも、同様の「ドア閉め警告灯」が取り付けられています(先日、乗ったバスに付いていました。写真がなくて申し訳ありませんが‥)。

Img_100_12_0906_001

余談ですが地下鉄のドア上にある路線図ですが、下に黒く写っている箇所がありますよね。これはSüdtiroler PlatzにWien Hauputbahnhofを加えたためのステッカーです。

Wiener Linienも予算削減のためなのでしょうか、路線図をなかなか更新しませんね。ちなみに現在使用されている路線図はU2の2010年10月2日のAspernstraße延伸前のものです。物持ちが良いというか、何と言うか‥

このほか12月9日から、地下鉄の車内放送(自動放送)が変わっています。従来は男性の声でしたが、今回からは女性の声に変更。また、放送内容も詳しくなっています。ただ、Feri個人の意見ですが、発音の関係なのか、実際の車内放送では駅名が従来よりも聞き取りにくくなったような気がします。

アナウンスのサンプルは下のスライドでお楽しみください。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 粗大ゴミはミストプラッツへ | Main | 立ち見も、また楽し‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 粗大ゴミはミストプラッツへ | Main | 立ち見も、また楽し‥ »