« 消防自動車のオールドタイマーを動態保存中 | Main | 番外編 二期会60周年記念公演「こうもり」 »

February 24, 2013

スーパーマーケットの「日の丸」

Img_102_01_2821_002

今日は「スーパーマーケットの話題」をお伝えしましょう。

こちらのスーパーマーケットでは、食料品は陳列棚に取り付けられているプライスカードに、原産地の国旗が出ているところが多いですね。

これは、お客さまが一目で、「どこの国で生産されたものか」がわかるためのもので、ピクトグラムの一種と考えてよさそうです。Feriは個人的に、ぜひ、日本でも導入してもらいたいシステムだと思っています。

いちいち商品のラベルを確かめることなく、産地がわかるのですから、これはご機嫌。オーストリアの場合、自国で生産されていない食料品もあるので、当然、他国の国旗が付いているものもあります。

Img_102_01_2821_001

ワインの産地であるオーストリアでも、大きなスーパーマーケットへ行くと他国のワインも沢山販売しています。ヨーロッパのみならず、北米や南米のワインも入っています。

また、ウィーンには色々な国の人が住んでいるため、大規模店舗では地元の人があまり買わないような商品を見かけることがあります。

Feriは基本的に近くにあるBILLAをよく使うのですが、先日、目先を変えてちょっと離れたところにあるMERKURに出かけてみました。

MERKURは比較的大きな店舗が多いため、品揃えも豊富です。その中で、アジア系の食材を販売しているコーナーがあったのですが、そこでプライスカードに「日の丸」を見つけました。

Img_102_01_2960_001

その商品は、日本を代表する食品メーカーでいち早く海外進出を果たしたキッコーマンの「インスタント味噌汁」でした。10グラムの小袋が3個入って3.49ユーロ。パッケージの説明は英語でしたが「soybean Paste Soup with Tofu」と書かれていました。左隣はメーカー不詳のインスタント味噌汁、その左側はshinodeというお米です(お値段は1キロで2.69ユーロ)。

ところで、最近では徐々にではありますが、こちらでも、現地の方をターゲットとした日本の食料品が増えてきました。醤油などは、その代表例でしょうか。ほとんどのスーパーマーケットで見かけるようになったキッコーマンの醤油は、ヨーロッパには1973年に進出しています。

Img_102_01_3198_001

その後、1997年にオランダで現地生産を始めており、今ではポピュラーな調味料の一つになっています。先日、Feriが住んでいるアパートの家主さんがキッコーマンの醤油を持っていたのには驚きました。

ウィーンを代表するビア、オタークリンガーの隣に「キッコーマンの醤油」が並んでいるのは不思議な気がします。また、ヤクルトもかなり普及しており、テレビでコマーシャルを流していました。

ところで、普通のスーパーマーケットで「日の丸」を見るとは思いませんでしたが、何となく嬉しいですね。

なお、通常、こちらにお住まいの日本人は、日本の食材はアジア系の食材を専門に取り扱うお店に出向いてお買い求めになることが多いそうです。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング |

« 消防自動車のオールドタイマーを動態保存中 | Main | 番外編 二期会60周年記念公演「こうもり」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 消防自動車のオールドタイマーを動態保存中 | Main | 番外編 二期会60周年記念公演「こうもり」 »