« オーストリア航空のビジネスクラス、リニューアル続報 | Main | 幼稚園のケータリング »

February 27, 2013

インスタント麺のお味は?(その4 焼きそばカレー風味編)

Img_102_01_3375_001

今日は「インスタント焼きそばの続編」です。

ドイツやオーストリアではカレー・ブルストという軽食があります。これはブルストにカレーを仕込んだものではなく、ブラートブルスト(焼きソーセージ)にトッピングとしてカレー粉をまぶしたものです。ドイツでは人気のある商品らしく、よく見かけますね。

という訳で、こちらでもカレーはスパイスとしては、それなりに市民権を得ているようです。もちろんインド料理店もあり、本格的なカレー料理を食べることもできますが‥

今日、ご紹介するのは、先日、Feriが試食したMaggiブランドの「Asia Nudeln Huhn」です。

Img_102_01_3378_001

余談ですが、現在、MaggiはNestleの一部門になっています。例によって乾燥した麺とソースが一緒に袋に入っているもので、内容量は二人前で121グラム。264キロカロリーだそうです。この商品、MERKURというスーパーマーケットで特売をしていたので、その時に購入しました(通常は1.99ユーロですが、1.29ユーロで販売)。

作り方は簡単。3/8リットル(375ミリリットル)の水をフライパンに入れ、沸騰させます。その後、一気に麺とソースを投入、中火で6分間、煮ます。すると麺と具が水分を吸収し、だんだん焼きそば風に‥仕上げはオイルを少々入れて、2分間炒めます。これで完成。

Img_102_01_3380_001

写真をご覧になるとわかるように、最初は汁そば風ですが、5分過ぎぐらいから焼きそば風になってきます。出来上がった焼きそばも、通常のものより黄色くなっています。カレー風味なので食欲をそそりますね。

Feriは、別にタマネギを炒めておいて、フィニッシュ直前、麺に混ぜ合わせましたが、味が濃いので、ちょうど良かった感じです。

なお、Nestleは多国籍企業なので、Maggi「Asia Nudeln」シリーズも、商品によって製造国が違うようです。このあたりも興味深いところです。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング |

« オーストリア航空のビジネスクラス、リニューアル続報 | Main | 幼稚園のケータリング »

Comments

うーん、向こうの人にはやっぱりカレー味系の方が無難で受け入れやすいのでしょうかねぇ?汁そば系は苦手だから、焼きそばの方が良いと、前に言っていましたけど、焼きそば系+カレー系という事で、受け入れ易いのかもしれません。向こうの人にとっては、「たまにはエスニック系でも食べるか」という感覚でしょうか・・・

Posted by: おざきとしふみ | February 28, 2013 15:53

おざきとしふみ様

コメント、ありがとうございます。

>「たまにはエスニック系でも食べるか」

これは当たりのような気がしますね。

Posted by: Feri | February 28, 2013 23:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オーストリア航空のビジネスクラス、リニューアル続報 | Main | 幼稚園のケータリング »