« インスタント麺のお味は?(その4 焼きそばカレー風味編) | Main | 変わった出窓 »

February 28, 2013

幼稚園のケータリング

Img_100_12_0722_001

早いもので2月も今日でおしまい。そろそろウィーンでも春の息吹が感じられることでしょう。

さて、以前ご紹介した「幼稚園の記事」にコメントをいただいたので、久しぶりに「幼稚園関連の話題」をお伝えしましょう。

日本の幼稚園は、普通、校舎(というのかな?)の手前に校庭があるので、表から見てもすぐにわかりますよね。こちらの場合、必ずしも校庭の設置が義務づけられていないようなので、ウィーンなどでは普通の建物の中に幼稚園(KINDERGARTEN)が入っているのが一般的です。

そのため、看板を見ないと、そこに幼稚園があることに気がつきません。ただ、日本以上に子供さんの養育には力を入れているお国柄なので、ウィーンでも町の規模を考えると設置されている数が多いように感じます。

Feriは、残念ながら自分の身内が、こちらの幼稚園を利用したことがないので、内情はよくわかりません。ただ、友人の話によると、公立・私立を問わず、人気のある幼稚園(要するに良い先生がいる幼稚園ということらしいですが‥)への入園は大変なようで、子供さんが生まれる前から幼稚園選びが始まるそうです。このあたりは、いずこも同じですね。

また、こちらでは、幼稚園が保育園を兼ねているようなところもあるようで、長い時間、預かってくれるところもあるようです。

Img_100_12_0721_001

さて、先日、アパート近くのKINDERGARTEN前を通りかかったところ、写真のようなトラックが止まっていました。トラックそのものは、普通の食料品運搬用のものなのですが、よく見ると荷台の真ん中に 「スマイルマーク」と「Smile Menüs」の文字が描かれています。どうやらケータリング会社のトラックのようですね。

ただ、荷台の上に書かれている文字を見ると、「Mit Kinder‥」となっているところから、「通常のケータリング会社」ではなく、子供さん用の料理などを提供しているケータリング会社のようです。

どうやらトラックが止まっているKINDERGARTENに食事を運んできたようです。ただ、日本の給食のように毎日、利用しているのか、それとも今日は何か特別な行事があってやってきたのかはわかりませんが、こういった会社があるというのは初めて知りました。

このブログでも良く紹介しますが、こちらでは商用車でも荷台を使って積極的に自分たちの商売をPRしているので、Feriにもわかったというところです。

なお、このトラックはケータリング会社所有ではなく、ANDERL Transportという運輸会社のものでした。おそらくケータリング会社と専属輸送契約を結んでいるのでしょう。運転台の上にはエアコンのハウジングが付いているので、保冷車ということになりますね。

洋の東西を問わず、子供さんにとってお食事は楽しみの一つ。この日は、どんなお食事が提供されたのでしょうかね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« インスタント麺のお味は?(その4 焼きそばカレー風味編) | Main | 変わった出窓 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« インスタント麺のお味は?(その4 焼きそばカレー風味編) | Main | 変わった出窓 »