« フォローが大切でしょうか | Main | カーシェアリングのライトバン »

March 12, 2013

結局、元の鞘に収まりました

Img_102_01_3552_001

このブログでもたびたび紹介している「ディープな話題」にブルスト(ソーセージ)の名称があります。そう、例の「ケーゼクライナー(Kaesekrainer)騒動」です。

バックナンバーを紐解くのも大変なので、「騒動のおさらい」から。

ケーゼクライナーはウィーンっ子が大好きなブルストです。ケーゼという名前が示すとおり、粗挽きの豚肉にサイコロ状のケーゼ(チーズ。エメンタールなど)を10~20%ほど加えて作ります。こちらのブルストスタンドではポピュラーなブルストで、焼いたりホットドッグ(Käsekrainer Hot-Dog)にして食べます。

このケーゼクライナーですが、クライナーはオーストリアのお隣、スロヴェニアの地名クラインに由来しているのです。ちなみに、このブルストを開発したのはオーストリアです。

Img_102_01_3551_001

ところが、先般、スロヴェニアがEUに「ケーゼクライナー」を商標登録したため、オーストリアではこの名称が使えなくなる可能性が出てき‥というものです。

地元では、「天下の一大事!」と大騒ぎになったのですが、スロヴェニア側も譲る気配は見せず、話は平行線。そのため、昨年の秋くらいから、一部のお店ではケーゼクライナーをKÄSEGRILLERという名称に変更したところも出てきました。

FeriはKÄSEGRILLERという名称が出てきた段階で、オーストリアが折れたのだろうと思い込んでいました。が、実は、最終的に両国で話し合いが成立。従来どおり、オーストリアでケーゼクライナーという名称が使えることになったそうです。まぁ、めでたし、めでたしというところでしょうか。

しかし、早まってKÄSEGRILLERに名前を変えてしまったお店は、どうするのでしょうね。また、名称変更をするのでしょうか。こちらもちょっと興味深いところもあります。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« フォローが大切でしょうか | Main | カーシェアリングのライトバン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フォローが大切でしょうか | Main | カーシェアリングのライトバン »