« ついにニグシュが交代 フォルクスオーパーの「メリーウィドウ」 | Main | シルヴァが二人? 「チャールダーシュの女王」で何が? »

March 28, 2013

寒い、寒いイースター週間‥

Img_104_03_4313_001

今日は26日に続いて「イースターの話題」です。

このところイースター寒波の影響で寒いウィーンですが、昼間でもマイナス3.5℃。何でも3月25日の気温としては1900年以来だとか‥ 「記録的な寒波」と言うことができそうです。こうなると、ちょっと街中を散策‥という気持ちはおこりませんね。

Feriもこのところ「夜の部」以外は、日中、部屋に籠もって仕事をしているのですが、26日は、所用があったのでフォルクスオーパーへ行く前に旧市内へ立ち寄りました。

途中、Fryungを通ったのですが、イースター市のシンボルになっている「巨大なイースターエッグ」に雪が積もっているではありませんか。シュールな光景です。

Img_104_03_4311_001

また、ここでは本物の卵(中身はぬいた殻が素材です)に彩色したイースターエッグを大量に販売しているのですが、雪で埋もれていました。

例年、雨が降ることはあるので、その際にはイースターエッグが濡れないように、ビニールシートをかぶせるのですが、今回は何も対策をとっていませんでした。商品、大丈夫なのでしょうかね。それともあきらめてしまったのでしょうか‥ちょっと心配です。

Img_104_03_4315_001

しかし、この時期、ワインを販売している屋台でグリュワインを飲めるとは‥でも、寒いから観光客の皆さんも、結構、召し上がっていました。

週末から27日までウィーン市内でも断続的に雪が降っているため、道路などは完全に雪が積もっています。冬は、雪が降ると歩行者の転倒を防止するため、自宅前の歩道はすぐに除雪するのですが、この時期は個人の対応が遅れているようです(スコップなどを片付けてしまったのでしょうかね‥)。ですから、歩くときに気をつけないと、転倒しそうになります。

Img_104_03_4306_001_2

しかし、さすがにウィーンというべきか、当局の準備は万端。この時期になっても除雪車がすぐに登場。実際は雪を排除するのが目的というより、融雪剤や凍結防止剤を散布するのが目的のようです。

このほかアウトバーンでも雪による交通事故が発生しているようです。場合によると、タイヤを夏用に交換してしまっているため、スリップが起こりやすいのかもしれません。

ここ数日、窓から見る光景は、正に「冬景色」。しかも毎朝、雪の量が増えています‥なお、天気予報によると28日は晴れるようで、気温もプラスに転じるようです。さて、どうなりますか‥

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« ついにニグシュが交代 フォルクスオーパーの「メリーウィドウ」 | Main | シルヴァが二人? 「チャールダーシュの女王」で何が? »

Comments

もうすぐ4月だというのに、ウィーンがこんなに寒くてしかも積雪とは意外です。まるでクリスマスの時期みたいです。

日本では関東地方は桜が満開となり、今週末あたりが見納めかなぁ・・・と言った所で、一方の関西地方は一歩遅れた感があったものの、こちらは今週末が満開と言った所です。それに比べると、ヨーロッパでの寒波襲来は驚きですが、こんな調子で果たして春はやって来るのでしょうか?個人的には5月下旬にイギリスに行くので、その頃には暖かくなって欲しいですが・・・

Posted by: おざきとしふみ | March 28, 2013 23:14

おざきとしふみ様

3月に雪が降るのは珍しいことではないのですが、下旬に雪が積もったというのは、さすがに珍しいようです。

ちなみにカフェなどが路上に席を設けていますが(シャニガルテン)、これ、市当局に賃料を払う必要があります。このように寒いと営業できないのに、賃料だけ発生する‥頭の痛いところでしょう。

4月に入れば大丈夫でしょうが‥

Posted by: Feri | March 31, 2013 16:01

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

Posted by: 履歴書の封筒 | April 02, 2013 12:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ついにニグシュが交代 フォルクスオーパーの「メリーウィドウ」 | Main | シルヴァが二人? 「チャールダーシュの女王」で何が? »