« お得な?転売チケット | Main | 指揮者が代わると‥フォルクスオーパー「チャールダーシュの女王」 »

April 28, 2013

Maibaumfestの季節になりました<動画付き>

Img_105_04_5320_001

まもなく5月になりますが、この時期、オーストリア各地で「Maibaumfest」が開かれています。

Feriが住んでいるHernals区のElterleinlatzで26日に、Dornbachでは27日に、それぞれ「Maibaumfest」が行われました。

「Maibaum(メイポール、直訳すれば五月柱)」は、元々ゲルマン民族のお祭りで、オーストリアの他、ドイツをはじめ、チェコ、スロバキア、ハンガリー、フィンランド、スウェーデンなどで盛んだそうです。

Maibaumfestは、ヨーロッパでは農作物の豊穣を祈願するお祭りと言われていますが、春の訪れを告げる行事になっていますね。広場の中心にMaibaumを立てるのがこの日。

そして、場所によって時期は異なるようですが、8月下旬にMaibaumを切り倒すと夏の終わりを告げる‥そんな感じでしょうか(5月中だけ立てている地域もあるそうです)。

Img_105_04_5319_001

場所によってMaibaumfestのやり方は違いますが、オーストリアのfestには音楽(ブラスムジーク)とビアがつきもの。Elterleinlatzは比較的狭い場所にMaibaumが立っているのですが、ちゃんとビアガルテンがオープンしており、写真のように平日の真っ昼間から、皆さん、ビアに舌鼓を打っていました。

また、立てるときには場所によっては古式由来の方法で行うところもあるようです。その場合、広場に立てる特大Maibaumは安全上の配慮を行うため、立てるまでに約1時間ほどの時間がかかります。どうやって立てるかは最後のビデオをご覧ください。なかなか大変ですが、皆さん、ワイン片手に楽しみながら作業をしていますね。

Img_105_04_5324_001

当然のことながら、ブラスムジークの演奏が雰囲気を盛り上げます。写真のようにMaibaumを広場に固定する作業をしているおじさまの手にもビアが‥さすが、オーストリアです。また、Maibaumfestに合わせて、草花の鉢植えなどを販売する市が広場に立つこともあります。

さて、Maibaumfestは広場で「特大のMaibaum」を立てる行事ですが、自宅前に「小振りのMaibaum」を立てる地方もあるそうです。

Img_105_04_5327_001

ところで、Maibaumfestでビアを飲んでいる時、2009年6月に「マイバウムを盗め」という記事をエントリーしたのを思い出しました。オーストリアでは、「5月の最初3日間と、終わりの3日間、Maibaumを盗んでもよいという風習がある」というのです。たとえば、隣町に出かけていって、夜陰に常時で、Maibaumを盗み、自分たちの町へ持ち帰ってしまう…という訳です。

盗まれた町の住民もびっくりでしょうね。朝起きたら、マイバウムが消えていた…という訳ですから。で、盗まれた町の人は、盗んだグループ(巨大なものは一人ではとても盗むことができませんから‥)のところに行って返してもらうように「交渉」するとか‥

Img_105_04_5488_001

 「交渉」といっても、それはお祭り。盗まれた側は ビア樽を持っていき、それと交換する形で返しもらうとか…

また、5月に入るとオーストリアでは「Maibaumが消えた‥」といった「のどかなニュース」が流れてくることでしょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« お得な?転売チケット | Main | 指揮者が代わると‥フォルクスオーパー「チャールダーシュの女王」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« お得な?転売チケット | Main | 指揮者が代わると‥フォルクスオーパー「チャールダーシュの女王」 »