« 変わったお店シリーズ 傘屋さん? | Main | Maibaumfestの季節になりました<動画付き> »

April 27, 2013

お得な?転売チケット

Img_105_04_4785_001

今日は「公式転売チケットの話題」をお届けしましょう。

最近、国立劇場連盟のインターネットチケット販売を一手に引き受けているCulturallが、チケットのリセールをはじめました。これはお客さまが購入後、何らかの事情で購入した公演に行けなくなった場合、Culturallが委託販売をする‥というシステムです。

実はFeriは、「自分が買ったチケットの委託販売」と「委託販売チケットの購入」の両方を経験しました。

まず、委託販売ですが、フォルクスオーパーの「キス・ミー、ケイト」を購入後、フォルクステアターで「白馬亭にて」を上演していることがわかったので、「キス・ミー、ケイト」のチケットを委託販売しました。

委託販売の手続きは簡単です。Culturallのサイトから、再販売希望価格を自分で設定します。この自分で再販売希望価格を設定するのがミソ。残席ゼロの場合は、当然需要が高いので、定価よりも上げて販売することも可能です。逆に残席がある公演の場合は、定価よりも下げないと売れません。どの程度の値段を設定するかが、再販売を委託する場合のポイントのようです。

「キス・ミー、ケイト」はフォルクスオーパーのミュージカルでも比較的人気が高かったものの、残席ゼロではなかったので、定価以上は付けることができません。Feriは定価は80Euroの席を70Euroにで再販売することにしました。一人の席というのは需要が少ないので心配だったのですが、結局、2週間ほどで売れました。なお、料金は手数料を引いて登録してあるクレジットカード経由で返金されます。

ただ、この転売には裏話があって、フォルクステアターの「白馬亭にて」が公演直前になって、演目変更に‥(出演者の急病か何からしいのですが‥)。結局、もう一度、「キス・ミー、ケイト」のチケットを買い直す羽目に‥結局、儲かったのはCulturallだけという結末です。

2013_04_culturall_k

次は、委託販売チケットの購入です。こちらは、先日、ご紹介した国立歌劇場の「ウェルテル」です。当初は観る予定がなかったので、発売日に速攻でチケットは確保しませんでした。その後、たまたまチケットの販売状況を見ようとCulturallのサイトを観たら、比較的良い席が委託販売で出ているではありませんか。つい、ポチっとしてしまいました。

Img_105_04_5135_001

ちなみに委託販売の席は(K)と表示されています。この時は、すでにチケットが完売状態だったので、定価(手数料は別)で販売されていました。手数料分だけ損をしたような感じになりますが、当日は素晴らしい公演だったので、大満足。なお、チケットについては再販も通常販売のものと全く同じです。原券を見ただけではちょっと区別はつきません。

ちなみに最近、ネトレプコさんが出演する公演は一般発売前にチケット完売になってしまいますが、これもたまに委託販売が出ることがあります。

今、ネトレプコさんは「Eugen Onegin」(Tatjana)で出演していますが、たまたま定価32Euroの席が委託販売されていました。で、実売価格を確認してみると‥驚くなかれ357.72Euro(手数料込み)。十倍以上の金額で取引されているではありませんか。ネトレプコさんも定価でチケットが買えるのだったら観たいのですが、この金額ではねぇ‥さすがにポチッとはしませんでした。

どうしても観たければ立ち見にチャレンジした方がよさそうです(ネトレプコさんの場合は、立ち見チケット購入のために長時間、並ぶ必要がありますが‥)。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 | |

« 変わったお店シリーズ 傘屋さん? | Main | Maibaumfestの季節になりました<動画付き> »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 変わったお店シリーズ 傘屋さん? | Main | Maibaumfestの季節になりました<動画付き> »