« ウィーンの招き猫? | Main | バーデンのベートーヴェン座が廃業‥ »

April 07, 2013

フォルクスオーパーのフラッシュモブ カルミナ・ブラーナ編

Img_103_06_2240_001

本編の話題に入る前に、まずは話題を2つ。AUSTRIA-FAN.COMさんで、サイト開設三周年記念プレゼント企画を実施中です。

また、最近、メルビッシュ・フェスティバルのWebサイトを見たら、デザインが一新されていましたね。新しい経営陣の意向が反映されているようで、セラフィンカラーは一掃されています。また、2013年の公演も始まっていないのに2014年のプログラムが発表されていました。来年はミュージカル「アナテフカ」(屋根の上のヴァイオリン弾き)。今年は「乞食学生」ですが、どんな仕上がりでしょうかね。これによってはFeriも、これでメルビッシュから足を洗うことができるかもしれません‥

さて、最近、日本でもテレビ番組などで取り上げられることが増えてるフラッシュモブですが、フォルクスオーパーで人気を集めている例のバレエ「カルミナ・ブラーナ」(Carmina Burana)編がYouTubeにアップされています。

このブログでもご紹介したことがありますが、「カルミナ・ブラーナ」は2012/13シーズンもフォルクスオーパーで上演され、2013/14シーズンも継続上演が決まった「人気のバレエ作品」です。

劇場での公演では、前半は「牧神の午後への前奏曲」と「ボレロ」、休憩を挟んで後半が「カルミナ・ブラーナ」で、独特の振付が話題になりました。ただ、人気が出たためにFeriのが楽しみにしていたオペレッタがすっ飛ばされてしまったで、複雑な心境です‥

さて、以前、ご紹介した「ワルツの夢」のフラッシュモブは会場がMQでしたが、今回は何とWestbahnhof Wien、そうウィーン西駅です。

ちょうど、西駅の改装が完了したので、それに合わせて行ったのでしょう。ヨーロピアンプラッツに面したコンコースで行われています。コーラスやオーケストラは私服で三々五々、登場しますが、フォルクスオーパーへ良く通っている方ですと、普通の観客に紛れていても、すぐにわかると思います。一応、私服の下にはフォルクスオーパーのTシャツを着ている人もいますが‥

この中で面白いのは、駅員さん(男性)と掃除の女性に分したダンサーですね。駅構内に完全に溶け込んでいる駅員さんと掃除の女性。演奏が盛り上がってきたところで、制服のまま華麗なダンスを披露します。なお、制作したのは2012年4月だそうですが、フラッシュモブの見どころは、事情を知らずに突然始まった演奏に戸惑うお客さま。

また、本物の舞台は、非常に暗いのですが、西駅のコンコースは光がふんだんに注がれるので、ある意味、新鮮です。フィナーレが、なかなかきれいな演出です。ぜひ、動画でお楽しみください。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_v_02

フォルクスオーパー |

« ウィーンの招き猫? | Main | バーデンのベートーヴェン座が廃業‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンの招き猫? | Main | バーデンのベートーヴェン座が廃業‥ »