« 侮れない「冷凍ウィンナシュニッツェル」 | Main | バレエ異聞 「夏の夜の夢」を観て‥ »

April 02, 2013

今年のレハールフェスティバルは‥

2013_lehar_festival

先日、「チャールダーシュの女王」の主役シルヴァが途中で交代した話題をお伝えしましたが、3月31日、国立歌劇場で「パルジファル」を振っていたヴェルザー= メストさんが指揮台から倒れました(Feriは見ていませんが‥)。急きょ、コレペティさんが指揮者を交替したそうです。ヴェルザー=メストさんは、4夜連続で指揮台に立っていたそうなので、無理 がたたったのでしょう。若くても無理は禁物です‥

さて、今日は毎年、バードイシュルで開催される「レハールフェスティバルの話題」をお届けしましょう。

今年の演目ですが、オペレッタはカール・ミレッカーの「ガスパローネ」(GASPARONE、7月20日プルミエ)、フランツ・レハールの「ひばりの鳴くところ」(WO DIE LERCHE SINGT、8月15日プルミエ)の2作品になりました。また、ミュージカル「ハロー、ドーリー!」(HALLO,DOLLY!、7月13日プルミエ)が上演されます。

ただ、レハール・フェスティバルであるにもかかわらず、「ひばりの鳴くところ」は、わずか2公演だけ。ちょっと残念ですね。また、会場がいつものKongress & Theaterhausではないようです。

2013_badishl002

さて、「ハロー、ドーリー!」ですが、Horace VandergelderにKurt Schreibmayerさんが起用されます。また、DollyにはAnn Mandrellaさんの名前が挙がっています。この他のキャストは以下のとおりです。
Cornelius Hackl: Boris Pfeiferさん
Barnaby Tucker:Benjamin Plautzさん
Irene Molloy: Caroline Vasicekさん
Minnie Fay: Iva Mihanovicさん
Ermengarde:Helena Sturmさん
Ambrose Kemper:Jan C.J. Liefholdさん
Ernestina Money:Mandy Garbrechtさん
Ein Richter:Walter Witzanyさん
Rudolph:Karl Herbstさん
Ein Page:Andreas Binderさん
Ein Barbier:Giuseppe Preimsさん

一方、オペレッタの「ガスパローネ」ですが、改作・編曲が多い上に、舞台も版によってシチリア島内の色々な場所が設定されている作品です。そう言えば、メルビッシュでは同じカール・ミレッカーの「乞食学生」が上演されますね。
さて、今回はどんな演出で上演されるのでしょうね。なお、予定されてるキャストは、以下のとおりです。
Nasoni:Gerhard Ernstさん
Sindulfo:Roman Martinさん
Gräfin Carlotta:Miriam Portmannさん
Graf Erminio Saluzzó:Thomas Zistererさん
Benozzo:Thomas Malikさん
Sora:Melanie Schneiderさん
Zenobia:Rita Peterlさん
Massaccio:Tomaz Kovacicさん
Marietta:Jennifer Treuschさん
Luigi:Wolfgang Geroldさん

ひばりの鳴くところ」に予定されているキャストは、以下のとおりです。
Török Pál:Gerhard Ernstさん
Margitka:Sieglinde Feldhoferさん
Sandor Zapolya:Jevgenij Taruntsovさん
Vilma Garany:Miriam Portmannさん
Baron Arpad Ferenczy:Wolfgang Geroldさん

Feriは「ガスパローネ」「ひばりの鳴くところ」の両作品とも観たことがないのですが、今年は行くかどうか微妙なところですね。

なお、公演スケジュールはAustria-fan.comに掲載されていますので、ご参考にどうぞ。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_c_3246_1gif

オペレッタ |

« 侮れない「冷凍ウィンナシュニッツェル」 | Main | バレエ異聞 「夏の夜の夢」を観て‥ »

Comments

The comments to this entry are closed.