« スキー場の騒音問題 | Main | 今年のレハールフェスティバルは‥ »

April 01, 2013

侮れない「冷凍ウィンナシュニッツェル」

Img_104_03_3982_001

4月1日は、こちらでは「イースターの月曜日」でお休みです。先週末からイースター休暇に入っている人も多いですね。

さて、4月最初は「冷凍食品の話題」をお伝えしましょう。

観光客の皆さんがウィーンにいらっしゃって「名物料理を‥」と言えば、たいていウィンナシュニッツェルですよね。実際、日本で企画しているツアーの中にも「ウィンナシュニッツェル」を食べることをうたっているものもあるそうですが‥

日本では「仔牛のカツレツウィーン風」と訳されるのが一般的ですが、当ブログをご覧の方ならおわかりのように、こちらでは豚肉を使うのが主流です。

もちろん、Feriにご縁がない高級レストランなどでは牛肉を使っているウィンナシュニッツェルを提供しているところもありますが‥ウィーンの方に言わせると「豚肉の方が美味しい」そうです。たしかに牛肉よりもあっさりしている気がしますね。

Img_104_03_3983_001

ウィンナシュニッツェルは、豚肉を買ってきて作っても、さほど手間がかからない料理ですが、不精者のFeriは、BILLAの冷凍食品を利用しています。

以前、ご紹介した冷凍CordonBleuと同じコーナーで販売しているのですが、Feriが利用する最寄りのBILLAでは、品切れのケースが圧倒的に多く、なかなか入手できません。先日、たまたまタイミング良く入荷中の冷凍ウィンナシュニッツェルを発見。即、購入しました。

お値段ですが、一箱500グラムで4.89Euroでした。500グラムと言っても、一箱の重さなので、実際にはウィンナシュニッツェルが4枚入っています(1枚125グラム見当)。CordonBleuは3枚だったので、ケーゼが入っていない分、1枚多いのでしょうか。

Img_104_03_4233_001

また、冷凍食品のくせにサイズが揃っていないのがご愛敬。が、逆にサイズが揃っていないため、できあがると手作り感があります。ちなみに2枚目の写真は焼く前の凍った状態です。

調理方法は簡単。予熱したオーブンに入れて、180度で両面を同時に10分間、焼くだけです。その間、何もすることなし。なお、フライパンでも調理ができるので、オーブンを持っていない人も使えますね。

Img_104_03_4234_001

焼き上がったウィンナシュニッツェルですが、ペーパータオルで油を軽く拭き取った方が、仕上がりは良いですね。Feriは、付け合わせにKartoffelSalat(これも瓶詰めですが‥)を用意しました。

さて、お味は‥美味い。とても冷凍食品とは思えない、見事な仕上がり。CordonBleuよりも食感も良いですね。肉の厚さは、冷凍にする関係で、若干厚めですが、何も言われないで食べたら冷凍だとは気がつかないかもしれません。

こちらの方だったら、一人2枚は食べないとご不満かと思いますが、Feriは1枚で十分。充実した昼食になりました。

考えてみると、ウィンナシュニッツェルは、こちらの定番料理ですから、味や食感に問題があれば、誰も買わないと思います。ある意味、お客さまの厳しい目で鍛えられた冷凍食品と言えるかもしれませんね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング |

« スキー場の騒音問題 | Main | 今年のレハールフェスティバルは‥ »

Comments

ふむふむ、これは美味しそうですね。後は、スープと野菜サラダでも用意すれば文句無しです。冷凍食品のウィンナシュニッツェルのレベルの高さに驚かされますが、
やはり地元っ子の需要がある事、そして試行錯誤の結果なのかもしれません。また食品ネタがあったらよろしくお願いします。

Posted by: おざきとしふみ | April 07, 2013 22:57

おざきとしふみ様

コメント、ありがとうございます。本来は素材から自分で作っても簡単にできるのですが、横着なもので‥

Posted by: Feri | April 08, 2013 21:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« スキー場の騒音問題 | Main | 今年のレハールフェスティバルは‥ »