« キップ売り場で両替ができた時代‥ | Main | 珍しい街頭の自動券売機 »

May 28, 2013

場所が移動するタバコ屋さん

Img_105_04_4969_001

今日は「場所が移動するタバコ屋さんのお話」です。

2012年11月23日のエントリーで「変わったお店シリーズ71 コンテナハウスのたばこ屋さん」をご紹介しましたが、今日は、その続編です。

前回、ご紹介した際は歩道上にコンテナハウスを改造したタバコ屋さんが鎮座していたのですが、先日、付近を通りかかった際、場所が移動していました。

今度は、歩道上ではなくコンテナハウス本体は90度回転した上で、工事現場にビルトインされ、お店の出入り口部分だけがフェンスから顔を出しています。正直、歩道上に鎮座していた時代の方が、コンテナハウスの周囲に出された広告と相まってインパクトがあったのですが‥

Img_111_05_7832_002

また、入り口横の広告も、今回はLUCKYSTRIKEに変わっていました。ところで、歩道に鎮座していた頃は、写真をご覧になるとわかるようにタバコの自販機もコンテナハウスに取り付けられていました。しかし、コンテナハウスのほとんどが工事現場に入ってしまったため、自販機はコンテナハウスから分離して、フェンスに直接、取り付けられていました。

Feriが最も興味をもったのは、例の「タバコ屋さんの統一看板」です。何と、フェンスに取り付けられているではありませんか。これにはビックリ。また、自販機とコンテナハウスの間にあるボックスは、タバコ屋さんで販売する新聞を配達業者さんが入れておくボックスです。

このように場所が移動したのは、建築工事の進捗と関係がありそうですね。しかし、実際に移動させる時は、大型クレーン車を使ったと思うので、結構、大変な工事だったと思います。

なお、コンテナハウスを水平に設置する関係なのか、歩道と段差があるため、注意喚起のために段差部分が黄色く塗られています。仮設でも、こういった配慮はしっかりしていますね。

さて、今後、このコンテナハウスのタバコ屋さん、どのように「変身」していくのか、ちょっと興味があります。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« キップ売り場で両替ができた時代‥ | Main | 珍しい街頭の自動券売機 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« キップ売り場で両替ができた時代‥ | Main | 珍しい街頭の自動券売機 »