« 場所が移動するタバコ屋さん | Main | 100万アクセスを達成しました »

May 29, 2013

珍しい街頭の自動券売機

Img_105_04_4753_001

今日は「Wiener Linienの自動券売機にまつわるお話」です。

皆さまもご存じのようにWiener Linienは原則として乗車前にチケットを購入することになっています。普通は地下鉄駅にある自動券売機で買うのが一般的かと思います。この券売機はタッチパネルを使った多機能式で、回数券やウィークリーパス、マンスリーパスなども購入できます。

現金の他、クレジットカードが使えるのが特徴です。とくに高額な紙幣は機械が受け付けないケースがあるので、そういう場合は、クレジットカードのお世話になることもあります。ちょっとスキミングが怖いのですが‥

また、市内のタバコ屋さんでもチケットを取り扱っているので、ここで買うこともできます。こちらは人を介して買うので、安心ですね。

Img_103_06_2805_001

さて、例外は路面電車でしょうか。こちらは車内に硬貨専用の1回券自動券売機が設置されており、乗車後でも購入することが可能です。ただ、時々、壊れていることがあるので、困りものですが‥ もし、壊れていてチケットを買えなくても検札に当たればアウトですからね‥

本来ならばチケットの自動販売機が市内に沢山あれば便利なのですが、やはり治安の問題に加えて、メンテナンスの手間などがあるのか、ほとんど見かけませんね。

ところが、Operingasseの国立歌劇場横、ちょうどAlbertina-passageところにポツンと1回券専用の自動券売機が設置されています。ここは停留所とちょっと離れているのですが、なぜ、こんなところに設置されているのか、本当に不思議ですよね。リンクを挟んだ反対側にはオーリンクの停留所がありますが、手前の方は、臨時なので、通常は使われることはありません。

ちなみに設置されている券売機は、路面電車の車内に取り付けられているものと、ほぼ同じ仕様ですが、地上に設置するため、頑丈な鉄製ボックスにビルトインされています。自販機の下に「NO1」と書かれていますから、1号機なのでしょうかね。

ただ、本格的な屋根がある訳でもないので、雨による故障とかはないのでしょうか。ちょっと、この点が心配ですね。それよりも、どの程度、利用者がいるのか‥そちらの方が興味があります。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 場所が移動するタバコ屋さん | Main | 100万アクセスを達成しました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 場所が移動するタバコ屋さん | Main | 100万アクセスを達成しました »