« 臨時更新 オーストリアの洪水続報(4) | Main | 臨時更新 オーストリアの洪水続報(5) »

June 07, 2013

ウィーンの路面電車43系統に1系統が乱入?

Img_107_05_5791_001

今日は「路面電車のお話」です。

Feriは都心に出る場合、43系統を利用するのですが、途中、9系統と44系統と合流する区間があります。当然、合流区間では、同じ線路を使っているので複数の行き先の電車がやって来ます。

さて、先日、銀行に用事があったのでElterleinplazへ行った時のことです。用事を済ませてAlserStraßeへ向かうため、Elterleinplazの停留所で待っていると、何と普段はここを通ることがない1系統Prater Hauptallee行きが来るではありませんか。

てっきり回送が行き先表示を出したままにしているのかな‥と思ったのですが、Elterleinplazの停留所に着くと中からお客さまが降りてきて、普通に乗車可能でした。Feriも乗ってみたのですが、中に出ている紙の路線表示は1系統のままでしたが、自動案内放送は43系統のものが使われていました。

Img_107_05_5792_001

FeriはAlserStraßeで下車したのですが、恐らく43系統の終点であるSchottentorまで行って、そこから本来の1系統に入っていったものと思われます(写真は全てAlserStraßeで撮影したものです)。

ウィーンの路面電車は、車内表示の関係などから、基本的に運行するエリアごとに車庫が決まっており、他の系統の乗り入れることは原則としてありません。今回、なぜ1系統用の電車が突然43系統に乱入したのか、その理由は知る由もありません。しかし、お客さまも1系統の表示を掲げた電車が来ても、何も考えずに乗ってしまうところがウィーンらしいと言うか…

余談ですが、43系統がリンクに乗り入れてくれると国立歌劇場へ行くのに助かるのですが、この変則運用、いつもやってくれませんかね。

なお、以前、「地下鉄の車内放送が変わったという話題」をお伝えしましたが、路面電車もついに女性版に変更となりました。チャイムやアナウンスの感じは地下鉄版と全く一緒。ただ、Feriの個人的な感想ですが、女性版の方がアクセントの関係なのか、聞き取りにくい感じがします。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話 |

« 臨時更新 オーストリアの洪水続報(4) | Main | 臨時更新 オーストリアの洪水続報(5) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 臨時更新 オーストリアの洪水続報(4) | Main | 臨時更新 オーストリアの洪水続報(5) »