« 小学校も色々あります | Main | 訃報 Peter Minichさんがお亡くなりになりました »

July 31, 2013

無情の看板

Img_107_06_6400_001

今日は「お店の案内看板」にまつわるお話です。

Feriが贔屓にしているウィーン市内にある某ホイリゲは、毎週水曜日が定休日で、それ以外は原則として毎日営業しています。もちろん家族経営なので夏やクリスマスの時期には長期間の休業もありますが‥

ところが、このホイリゲ、地域密着型のお店なので、貸切になってしまうことがあるのです。別に貸切といっても、店内の客席全部を使うような規模の大きいパーティは少ないようです。

まぁ、パーティー参加のお客さまがゆっくりと楽しめるように、ある程度の人数(プラス、リクエストした人とお店の関係だろうと思うのですが‥)クローズにしてしまうようです。

Img_104_03_4268_001

で、これは何と、当日にならないとわからないのですよ(まぁ、女将に電話で確認すれば教えてくれますが、面倒なので‥)。

Feriも、フォルクスオーパーへ行く前にブラリと立ち寄ることがあるのですが、店内は電気がついているものの、時々、写真のような看板がかかっていて、ふられてしまうことがあります。まぁ、その日はご縁がなかった‥ということで、別の店に行きますが‥

比較的小さなホイリゲなのですが、地元民御用達なので、こういった貸切パーティーが比較的多いのが玉に瑕‥しかし、パーティをやりたくなるような気さくな雰囲気がFeriは気にいっています。

Feriも,一度、このホイリゲを貸し切ってパーティをやりたいと思っているのですが、さすがに貸切にできるだけ人数を集められそうもないので、しばらく“お預け”です‥


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« 小学校も色々あります | Main | 訃報 Peter Minichさんがお亡くなりになりました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 小学校も色々あります | Main | 訃報 Peter Minichさんがお亡くなりになりました »